理論研究「人と人のつながりに投資する企業」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数610
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    要約)
    本書のテーマは、企業におけるソーシャル・キャピタル(社会関係資本)であり、人々のあいだの信頼に基づいた「つながり」、人々が協調的な行動を行う舞台である社交ネットワークやコミュニティである。本書では、企業におけるソーシャル・キャピタルの本質と価値を実証する実践的で地道なアプローチを示し、豊かな企業を作り出すうえで不可欠な活力の源泉であるソーシャル・キャピタルに、リーダーとしてどう投資するかを提言している。
    ある企業のソーシャル・キャピタルが豊かか貧しいかは、その企業の「雰囲気」、例えば廊下で社員達が互いに挨拶を交わしているとか、によってかなりの程度つかめる。そこで、フローチャートやミッション・ステートメント、あるいは理論が語る企業像ではなく、企業が「実際はどんなふうか」を思い起こす。ソーシャル・キャピタルはそのような現実の中に存在しているのだ。この複雑なテーマにたいする、整理されたアプローチを開発するという趣旨で、著者はソーシャル・キャピタルをいくつかの要素、信頼・社交ネットワーク・コミュニケーション・帰属意識、に区分した。
    組織で働いたことのある人なら誰でもソーシャル・キャピタルがどのように生み出され破壊されているか、それが私たちの集団としての取り組みや自我意識にとってどれだけ重要か、すでに多くを知っている。私達は皆、経験的に自分の業績や満足感のほとんどは、他の人間とのつながりを通じて生まれるということを知っている。しかし、このような明白な真理が、特に企業において意識されてない例は多い。企業としての富を生み出す資源として、土地・労働力・資本しか考えていなかった。この前提が生み出した経営手法は、このようなリソースを活用することに特化しており、人間的・社会リソースのことは考慮していない。だから、著者は本書で、口にされることのなかったそれら当たり前の真理をあえて口にすることを試みた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人と人の「つながり」に投資する企業
    ドン・コーエン+ローレンス・ブルザック著 沢崎冬日訳
    飯盛研究会
    要約)
    本書のテーマは、企業におけるソーシャル・キャピタル(社会関係資本)であり、人々のあいだの信頼に基づいた「つながり」、人々が協調的な行動を行う舞台である社交ネットワークやコミュニティである。本書では、企業におけるソーシャル・キャピタルの本質と価値を実証する実践的で地道なアプローチを示し、豊かな企業を作り出すうえで不可欠な活力の源泉であるソーシャル・キャピタルに、リーダーとしてどう投資するかを提言している。
    ある企業のソーシャル・キャピタルが豊かか貧しいかは、その企業の「雰囲気」、例え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。