日本の財政再建団体制度に関する思考

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数322
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の財政再建団体制度に関する思考
    ~第一部と第二部~
                      はじめに
     6月23日の共同通信の記事によると、財務省は23日、国債と借入金、政府短期証券を合わせた国の債務残高(借金)が2006年3月末時点で827兆4805億円になったと発表した。05年3月末に比べ45兆9288億円増えた。日本国民1人当たり約648万円の借金を抱えている計算になる。
    国全体としては、厳しい財政状況が続いている。マスコミなどの報道による、世間に注目されている。しかし、現実に、全国にある1,820の市町村単位の財政状況も決してよいではない。むしろ、場合により、国よる厳しい状況にある。まして、マスコミの報道も少なく、問題視されていないようだ。
    本論では、市町村における財政再建制度の概要について説明するうえで、北海道夕張市を事例に、日本の財政再建団体制度を外国人の目から直し、その解決策の考察を試みることにする。
                 
    第一部:財政再建団体制度とは
     財政再建制度は、昭和30年に「地方財政再建促進特別措置法」(以下、「再建法」と言う。)により定められました。都道..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。