財政難の日本における環境行政の現状

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数353
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    財政難環境行政

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    財政難の日本における環境行政の現状
    ~赤裸々の現場体験に基づく環境行政の真実を~
    はじめに
    昨年の夏休みに、大学授業の一環として、某県庁の環境・森林局の自然環境課にて自治体実習に参加した。
    二週間にわたっての実習は、課内研修と現場研修をはじめ、充実なプログラムの内容であり、大変有意義な実習であった。
     以下において、まず二週間の実習の内容を振り返り、次に、実習内容を踏まえてそこから学んだことを述べ、最後に自治体の仕事の本質とは何かを自分なりの見解を加え、説明することにする。
    第一部:実習の振り返り
    1-1、実習プログラム
     今回の実習は、平成18年8月28日から9月の8日の二週間(実10日間)までの間、某県庁の自然環境課で行われたものであり、自然環境行政の取り組みを理解することと自然環境行政の現場を肌で体感することを目的とする。
     具体的に、自然環境課の事業概要を理解するうえで、課内の日ごろの事務業務の作業・環境行政関連知識の学習と、自然環境行政の現場の作業・見学の二つに分かれている。
    1-2、課内研修
    毎日の各新聞社の最新環境関連記事の抜粋と記事に出られた環境関連団体組織のリストアッ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。