群馬県におけるカーシェアリング制度及び環境税制度導入の検討(ppt)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数38
閲覧数608
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    群馬県におけるカーシェアリング制度及び環境税制度導入の検討 ~自動車依存型社会から環境配慮型社会へ
    Index
    研究目的
    CO2排出の現状
    自動車依存型社会の背景
    環境配慮型社会への移行策
     →環境税
     →カーシェアリング制度
    自動車依存型から環境配慮型への移行
     によるCO2排出削減効果の試算
    研究目的
    群馬県の車ないと生活できないとの現状が
     おかしい
    自動車依存型社会から環境配慮型社会への移行には何か必要なのか
    CO2排出削減ができたら、どれくらいの経済効果があるのか
    できたら、群馬県に提言したい(笑)
    CO2排出の現状1: 増え続ける温暖化ガスCO2
    温暖化問題の最大要因 CO2
    年間総排出量約250億ドン
    温暖化防止の取り組み:京都議定書
    しかし、
    →アメリカの脱退
    →中国やインドなどの途上国が削減義務なし
    CO2排出の現状2: 日本が世界全体の6%を占めている
    年間約250億トン
    日本:15億トン
    CO2排出の現状3: 日本国内の部門別と運輸部門の内訳
    日本国内における部門別/2004年
    運輸部門の内訳/2004年
    CO2排出の現状4: 群馬県のCO2排出
    /2005年
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。