観光資源の過剰利用とその解決策の試論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数456
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    観光資源の過剰利用とその解決策の試論
    ~国立公園尾瀬をフィールド~
     本章では尾瀬における過剰利用とその解決策を検討する。まずは尾瀬の過剰利用を経済学的な観点から分析していくことにした。その次に具体的な解決策を提示する。最後に、解決策を実施する場合の課題を明確にする。
    需要と供給
     現実上、尾瀬に対する需要と尾瀬が提供している供給のバランスが崩れている。尾瀬の提供できるサービスは一定で限りあるに対して、尾瀬に対する需要は変動で常に供給量を上回る。
    本来ならば、完全競争市場において、価格を市場で決まり、逆に価格も需要と供給のバランスを保ってくれる。
    需要量が供給量より少ない  価格は低下
    需要量が供給量より大きい     価格は上昇
    供給量と需要量が等しくなるように価格がきまる、この価格を「均衡価格」と呼び、
    その状態を「市場均衡」と呼ぶ。
    しかし、尾瀬には価格がない、無論、価格のない尾瀬には供給と需要が均衡である市場均衡の状態はありえない
    公共財・私的費用・社会的費用
    市場経済システムは、人々がほしいと思う財・サービスを提供して、所得が増える機会を与えることで機能している。もし経済シス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。