政策評価とその課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数769
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代の行政に対する市民の声は合法性・合規性だけでは足りず、有効性や効率、政策の必要性の確認までも求めるようになり、しかもこれらの評価・確認作業は従来の手段では難しい。
    そこで考え出されたのが「政策評価」である。行政という組織メカニズムが評価対象なのではなく、行政が担当する仕事そのもの、つまり政策とその目的達成手段の施策や事業を評価したいと考え、目的が達成され期待した成果が出ているかどうかが評価基準になる。法律や規則を守ったということだけでなく、政策の成果が出ていることを説明できる「能力」もまた行政には必用になるのである。その意味からも、政策評価は行政そのものを評価し、是正する役割で、重要さが一目瞭然である。

    政策の形成過程において、課題設定・政策決定・政策実施・政策終結と四段階に分かれているが、形成過程の四段階に終始伴うのは政策評価である。そればかりか、政策形成のプロジェクトが終了したあとも、政策評価も常についていくものである。
    政策評価には三つの要素があるとされている。○1評価主体○2評価対象○3評価基準の三部分から政策評価が構成される。
     評価主体は誰が政策を評価するのかという観点から、大きく分別すると、行政内部による評価と行政外部による評価と二つのタイプがある。さらに細かく見れば、住民による行政評価、議会による行政評価、オンブズマンによる行政評価、監査による行政評価、および行政による行政評価などがある。理想的な組織のあり方としては、「自己評価」ができるというのだが、現実ではなかなか困難である。政策を行う際における評価の意味は、計画・偏重を是正することにあるが、行政の説明責任にも繋がっていく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                 政策評価とその課題
                      
    現代の行政に対する市民の声は合法性・合規性だけでは足りず、有効性や効率、政策の必要性の確認までも求めるようになり、しかもこれらの評価・確認作業は従来の手段では難しい。
    そこで考え出されたのが「政策評価」である。行政という組織メカニズムが評価対象なのではなく、行政が担当する仕事そのもの、つまり政策とその目的達成手段の施策や事業を評価したいと考え、目的が達成され期待した成果が出ているかどうかが評価基準になる。法律や規則を守ったということだけでなく、政策の成果が出ていることを説明できる「能力」もまた行政には必用になるのである。その意味からも、政策評価は行政そのものを評価し、是正する役割で、重要さが一目瞭然である。
    政策の形成過程において、課題設定・政策決定・政策実施・政策終結と四段階に分かれているが、形成過程の四段階に終始伴うのは政策評価である。そればかりか、政策形成のプロジェクトが終了したあとも、政策評価も常についていくものである。
    政策評価には三つの要素があるとされている。評価主体評価対象評価基準の三部分..

    コメント2件

    yuukison 購入
    政策評価制度の詳細について記載してほしかった(plan do seeなど)。
    2006/06/02 18:00 (10年6ヶ月前)

    tiger1112 購入
    まあまあ
    2007/09/26 9:23 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。