NPOによる共産主義理想の社会の実現の可能性 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数601
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本論で注目したいのは、近年盛んになりつつあるNPO組織の活動による共産主義理想の社会が実現される可能性である。あまりにも大胆な発想だと思われるかもしれないが、とにかく本人なりのNPOと共産主義理想との関係についての思考であり、遠くない将来でのNPOの活躍という予想の試みである

    共産主義の目標というと、万人の万人に対する戦いの上に成り立っている市民社会を、平等かつ自由で、階級のない共同体的社会で置き換えることである。個人個人の中にある思考や行動のさまざまな可能性を無限に発展させ、社会中のだれもが、自分の持っている高いレベルの技術的・知的能力を発揮し、一生の間、社会に役立つ数多くの色々な任務(個人が自らの自己に対する要請)を果たさせる。行動はもはや人の嫌がる無理強いされた行動ではなく、自分自身の個性の実現や社会に対する無私で、奉献的なものとなるとされる。
    その目標を達成させるために、二つの前提条件がある。一つは社会的、経済的条件が求められる。つまり、高度に発展する生産力、そこから生み出した豊かな生活スタイルが満たされる物質的条件であり、一方、もう一つは、豊富な物質条件がある社会の民衆の、政治的・イデオロギー的、心理的など精神方面の優れるという条件である。その二つは共産主義理想の社会の柱として、いずれもかけがえない存在である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    NPOによる共産主義理想の社会の実現の可能性                                      
               
                     序                             
     近代の思想史において、大きな争論を引き起こした「マルクス思想」、つまり共産主義の思想(以下同)が重要な位置を占めている。この共産主義理想は、誕生の日から批判されており、そして、ソ連での初めて実現された共産主義制度の社会の失敗、さらに、中国での変容①などにより、世の中で、実現不可能な理想だと思われるようになっているようである。
    しかし、本論で注目したいのは、近年盛んになりつつあるNPO組織の活動による共産主義理想の社会が実現される可能性である。あまりにも大胆な発想だと思われるかもしれないが、とにかく本人なりのNPOと共産主義理想との関係についての思考であり、遠くない将来でのNPOの活躍という予想の試みである。
    そこで、以下に、共産主義の主な思想、局限性等を簡単に紹介した後,NPOとNPOが盛んになる背景を解説し、最後にNPOによる共産主義理想の社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。