観光開発の背景・意義およびその方向性

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,695
ダウンロード数54
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    序言
     21世紀は「観光の時代」といわれている。2000年の世界の国際旅行者の数は6億9.260万人に達し、経済効果(支出額)は4.636億ドルとなっている。(『JNTO国際観光白書2002年版』)。日本が戦後の復興と相まって、旅行がブームとなってから、今日まで衰える傾向を見せない。むしろ、日本国民とますます切っても切れないライフスタイルとなりつつある。
    それに、昨今アジア諸国の経済的発展はめざましく、近い将来は戦後の日本のように、国際旅行、そして海外旅行を楽しむようになったプロセスをたどることが十分に予想され、21世紀初頭にはアジアを中心に“第4次世界観光革命”が起こるとも予想されている。
     そういう時代の背景の下で、観光開発の考えを地域活性化・地域づくりの手法に取り入れて、両者を上手く有機結合させ、よって、地域の輝く将来を描くとともに、人々の生活をより豊かで、よりゆとりであるようにレジャー観光の分野からサポートしようというのが、地域開発における観光政策の推進の考えである。
     以下において、講義で教えていただいた内容を踏まえ、観光に関する文献を参照しながら、まず日本国内の事情に絞って観光が盛んになった社会背景を考察し、次に、地域づくりにおける観光の意義とそのボイントをまとめ、さらに、ITを生かしての観光と観光産業を推進する過程の環境対策を考えることにする。
               
             第一章:観光開発の社会・経済の背景
      戦後、日本の経済が大きな発展を遂げたもので、観光産業にも拍車をかけた。特に1980年代中ごろから,リゾートの開発が注目を集めた。その後の成敗を別のものとして、これまでに例の見ない巨大規模のリゾートが続々と開発され、地域の経済、社会、文化、自然環境に対して様々な影響を及ぼした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

          観光開発の背景・意義およびその方向性
                      
                    序言
     21世紀は「観光の時代」といわれている。2000年の世界の国際旅行者の数は6億9.260万人に達し、経済効果(支出額)は4.636億ドルとなっている。(『JNTO国際観光白書2002年版』)。日本が戦後の復興と相まって、旅行がブームとなってから、今日まで衰える傾向を見せない。むしろ、日本国民とますます切っても切れないライフスタイルとなりつつある。
    それに、昨今アジア諸国の経済的発展はめざましく、近い将来は戦後の日本のように、国際旅行、そして海外旅行を楽しむようになったプロセスをたどることが十分に予想され、21世紀初頭にはアジアを中心に“第4次世界観光革命”が起こるとも予想されている。
     そういう時代の背景の下で、観光開発の考えを地域活性化・地域づくりの手法に取り入れて、両者を上手く有機結合させ、よって、地域の輝く将来を描くとともに、人々の生活をより豊かで、よりゆとりであるようにレジャー観光の分野からサポートしようというのが、地域開発における観光政策の推進の考え..

    コメント4件

    1001haru 購入
    時代背景がきちんと調べられててよかったです。
    2006/08/31 3:42 (10年3ヶ月前)

    shenlvu 購入
    拝見しました。
    2007/04/19 18:02 (9年8ヶ月前)

    maruyoko2 購入
    大変参考になりました。
    2007/06/15 10:29 (9年6ヶ月前)

    flybirdasuka 購入
    フォントが大きい。この値段を出す価値はないのかな~っと。期待してただけに、残念
    2009/01/11 23:49 (7年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。