生命の起源

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,822
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在、地球上に棲む動植物の進化の過程を研究し現在の生物学に大変な寄与しそれまでの『高等動物』は、『下等動物』より進化をしてきたとする『進化論』を『種の起源』によって正当性を裏付けた『チャールズ ダーウィン』。

    しかしながら、彼は『下等動物』そのものの発生については言及できませんでした。
    彼の活躍した19世紀半ばには、それを解明するほどの科学知識は無かったことが原因とされています。

    そこでこの時期に謎であった『下等動物』の発生、つまりは『生命の起源』が『種の起源』以降どのように解明されて行ったのかを、調べていこうと思いました。
    結果・考察

    そもそも『種の起源』以前、『生命の起源』について触れたのは紀元前4世紀の『アリストテレス』が唱えた『自然発生説』にさかのぼります。『自然発生説』は現在では否定されていますが、2000年間に渡って支持されてきた説でした。自然発生説の主旨は「生物は無生物から自然に生ずる」というものでした。しかし、その後1665年にイタリア人医師に『フランチェスコ レディ』よって自然発生説を否定する実験が行われました。実験の内容は以下のような単純なものでした。
    1.2つのビンの中に魚の死体を入れる。
    2.一方のビンはふたをせず、もう一方のビンは布で覆ってふたをする。
    3.そのまま、数日間放置する。
    4.結果、ふたをしなかったビンにはウジがわくが、ふたをしたビンにはウジはわかなかった。
    しかし『対照実験』において、確かに『ウジ』に対しての『自然発生』は、否定されましたが、この後イギリスの『レーウェンフック』により微生物の存在が発見された後には、微生物の自然発生説に関する論争は避けられませんでした。
    この後、衛生学的な必要性から微生物学が発展し、無菌状態、即ち生命の存在しない状態を作り出すことが可能になりました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『生命の起源』
    目的
    現在、地球上に棲む動植物の進化の過程を研究し現在の生物学に大変な寄与しそれまでの『高等動物』は、『下等動物』より進化をしてきたとする『進化論』を『種の起源』によって正当性を裏付けた『チャールズ ダーウィン』。
    しかしながら、彼は『下等動物』そのものの発生については言及できませんでした。
    彼の活躍した19世紀半ばには、それを解明するほどの科学知識は無かったことが原因とされています。
    そこでこの時期に謎であった『下等動物』の発生、つまりは『生命の起源』が『種の起源』以降どのように解明されて行ったのかを、調べていこうと思いました。
    方法
    インターネットにおいての調査
    結果・考察
    そもそも『種の起源』以前、『生命の起源』について触れたのは紀元前4世紀の『アリストテレス』が唱えた『自然発生説』にさかのぼります。『自然発生説』は現在では否定されていますが、2000年間に渡って支持されてきた説でした。自然発生説の主旨は「生物は無生物から自然に生ずる」というものでした。しかし、その後1665年にイタリア人医師に『フランチェスコ レディ』よって自然発生説を否定する実験が行われました..

    コメント2件

    moenaoki 購入
    とてもよかったです。
    2007/01/19 0:31 (9年10ヶ月前)

    ぴっぴ 購入
     
    2007/01/25 23:19 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。