移民管理 ―グローバルな視点から

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数561
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    英国:移民統制から移住者管理へ
     英国の移民に関する政治的言説と実践は、近年かなりの変化を遂げた。労働党政権下における上昇経済は1997年の保守党政権からの系統を引く熟練・非熟練労働者の不足が大きく影響し、支えていた。これらの労働者の不足―そして秩序の乱れ、作物の無選別や高品質のサービス提供の失敗に関する問題―は、雇用主が政府から労働許可システムを広げ、より技能を持った移民を英国内に入れることを許すよう促進させた。イギリス産業連盟のような主要な雇用者団体は、ますますより移民が労働力と技能不足に繋がり、提供されるよう働きかけようとしている。
     政治論と政策の転換はまた、より好意的な政策実態へと反映される。労働党政権は1997年の選挙で議会の過半数を、続く2001年の再選も同様に大多数を、大きな要因として政治的空間の創出と積極的な移民政策の再評価から信頼により、獲得した。それはまたエリート集団の人種差別が受け入れられなくなったことが政策意図に貢献し、そして主要3政党の主導者と候補者が2001年の総選挙の際、争点として後援者である人種平等委員会の人種を不当に扱わないとする誓約に署名したことでなされた。
     労働党政権は経済管理とよりよい公益事業の提供が選挙成功のために重要だということに敏感に気づいた。1992年の欧州為替相場メカニズムから英国ポンドにダメージを与えられた保守党の経済上の能力の評価の損害は、1997年の彼らの選挙のチャンスを悲惨にさせた。教師、看護士、そして医者の深刻な不足は政府に多くの問題の原因となり、学校と健康のサービス提供を良くすることを、後者は業院の待合名簿の減少を約束させた。教育とヘルスケア領域での技能不足は実際の政府の政策の成功制約によるものだった。
     二つの事実がより緩やかな移民の接近を支えた。一つは1997年の香港の中国への返還の成功である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    移民管理 ―グローバルな視点から
    英国:移民統制から移住者管理へ
    英国の移民に関する政治的言説と実践は、近年かなりの変化を遂げた。労働党政権下における上昇経済は1997年の保守党政権からの系統を引く熟練・非熟練労働者の不足が大きく影響し、支えていた。これらの労働者の不足―そして秩序の乱れ、作物の無選別や高品質のサービス提供の失敗に関する問題―は、雇用主が政府から労働許可システムを広げ、より技能を持った移民を英国内に入れることを許すよう促進させた。イギリス産業連盟のような主要な雇用者団体は、ますますより移民が労働力と技能不足に繋がり、提供されるよう働きかけようとしている。
     政治論と政策の転換はまた、より好意的な政策実態へと反映される。労働党政権は1997年の選挙で議会の過半数を、続く2001年の再選も同様に大多数を、大きな要因として政治的空間の創出と積極的な移民政策の再評価から信頼により、獲得した。それはまたエリート集団の人種差別が受け入れられなくなったことが政策意図に貢献し、そして主要3政党の主導者と候補者が2001年の総選挙の際、争点として後援者である人種平等委員会の人種を不当に扱..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。