ロッカンにおけるヨーロッパ概念地図の社会学的評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,539
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     ロッカンの提示するヨーロッパ概念地図は、国際社会の様相をマクロに捉える際に、非常に有用なものであると考えられる。それは、「コミュニケーションの土地言葉の出現は大衆レベルでの国民形成より後の段階の基礎を準備し、そしてトレード・ルートの地理が、東西の間の国家形成のための資源における相違を作り上げた」ことによって「アルファベットと年がヨーロッパの運命を決定した」とする命題が非常に簡潔に欧州を区分可能なものにしていることによる。
     概念地図では、東西軸による「国家‐経済」次元によって、西部における高度に貨幣化された経済からの余剰、東部における農業的な労働からの余剰といった国家形成の中心お経済的な資源の基礎の区別と、南北軸による「国家‐文化」次元によって、北部プロテスタント地域における境界の初期の閉鎖、南部カトリック地域における教会の継続するテリトリーを超えた性質といった急速な文化的な統合のための条件の差異を表している。この区別は、M.ヴェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』にみられるプロテスタントとカトリックの宗教社会学的な見地とも対応しており、特に東西軸にみられるテリトリアルな中心であり、また都市ネットワークとしての影響力も強い臨海部にあるイングランドは経済発展が非常に起こりやすい地域であるが、現実としても産業革命の発祥地であり、このロッカンの概念地図が国家・経済・文化を統合したパースペクティブを提供しているといえる。
     ムーアの分析にも見られる政治的な結合の資源的基礎におけるコントラストは、東部地域と西部地域のシステム間の内的な構造、そして大衆政治への後の変容の性格の相違の説明おり、西部における商業的活動の大きな興隆によって中心形成者は交換の容易な通貨において資源を引き出せていたのに対し、東部の都市は脆弱であり、旧帝国の周辺での新たなる中心的な軍事的気候の形成の基本的な資源の基礎は、代替的に土地の所有者によって食料と人力を提供されるという対比がそれである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ロッカンにおけるヨーロッパ概念地図の社会学的評価
     ロッカンの提示するヨーロッパ概念地図は、国際社会の様相をマクロに捉える際に、非常に有用なものであると考えられる。それは、「コミュニケーションの土地言葉の出現は大衆レベルでの国民形成より後の段階の基礎を準備し、そしてトレード・ルートの地理が、東西の間の国家形成のための資源における相違を作り上げた」ことによって「アルファベットと年がヨーロッパの運命を決定した」とする命題が非常に簡潔に欧州を区分可能なものにしていることによる。
     概念地図では、東西軸による「国家‐経済」次元によって、西部における高度に貨幣化された経済からの余剰、東部における農業的な労働からの余剰といった国家形成の中心お経済的な資源の基礎の区別と、南北軸による「国家‐文化」次元によって、北部プロテスタント地域における境界の初期の閉鎖、南部カトリック地域における教会の継続するテリトリーを超えた性質といった急速な文化的な統合のための条件の差異を表している。この区別は、M.ヴェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』にみられるプロテスタントとカトリックの宗教社会学的な..

    コメント2件

    komazawa_m 購入
    難しい本をよく読み解いています。
    2006/12/13 0:44 (10年前)

    t04e1137 購入
    参考にさせていただきました。
    2006/12/20 23:08 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。