現代の社会学者における社会分化と社会関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,270
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.近代における社会分化過程において、パーソンズ、ルーマン、ハーバーマスはどのような概念を用いて、どのように考えたか、それぞれの考え方の特徴を対比しながら述べよ。
     パーソンズにおける社会分化は、単位行為を構成単位とする社会システムによって説明され、そのシステムの要件をAGIL図式に機能的に分化する。全体社会は社会的下位システムによって統制されるが、それは文化システムの潜在性に依拠するものであるため、社会化は常に同じように行なわれ、それが変わるのは一種の突然変異的な現象として捉えられる。このような社会システムは均衡状態に向かう傾向にあり、その社会変動はある均衡状態から別の均衡状態への移行と考えられた。
     それに対しルーマンは、近代社会の分化を機能的分化として捉え、そこにおける包摂と排除という概念を用いて分化過程を考えた。近代以前は、同質な部分システムで分化した環節的分化が、ヒエラルヒー化した部分システムによる階層的分化に移行するが、機能が普遍的に妥当な位階秩序に組み込まれることでヒエラルヒーか出来ない部分システムによる機能的分化へと移行する。機能的分化は、同等でない異質な部分システムの分化であり、部分システムはそのシステム内において一つの機能的優位性を持つが、その優位性は全体社会にわたって制度化されない形態である。機能分化した社会において個人は多様な部分システムへ非人格的に関与し各機能システムに部分的に包摂される。同時にそれは、一つの部分システムに完全に包摂されることはなく、ある部分システムからの排除が他の部分システムへの包摂によって解消されず、自動的に他のシステムからの排除も招く。
     このような社会システムはしかし、意識によるオートポイエーシスを前提としており、その場合にのみ社会システムはそれ自体の再生産を実現する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.近代における社会分化過程において、パーソンズ、ルーマン、ハーバーマスはどのような概念を用いて、どのように考えたか、それぞれの考え方の特徴を対比しながら述べよ。
    パーソンズにおける社会分化は、単位行為を構成単位とする社会システムによって説明され、そのシステムの要件をAGIL図式に機能的に分化する。全体社会は社会的下位システムによって統制されるが、それは文化システムの潜在性に依拠するものであるため、社会化は常に同じように行なわれ、それが変わるのは一種の突然変異的な現象として捉えられる。このような社会システムは均衡状態に向かう傾向にあり、その社会変動はある均衡状態から別の均衡状態への移行と考えられた。
    それに対しルーマンは、近代社会の分化を機能的分化として捉え、そこにおける包摂と排除という概念を用いて分化過程を考えた。近代以前は、同質な部分システムで分化した環節的分化が、ヒエラルヒー化した部分システムによる階層的分化に移行するが、機能が普遍的に妥当な位階秩序に組み込まれることでヒエラルヒーか出来ない部分システムによる機能的分化へと移行する。機能的分化は、同等でない異質な部分システムの分化..

    コメント2件

    tennistennis 購入
    参考になりました
    2006/10/09 18:52 (10年2ヶ月前)

    taokamoiti 購入
    ありがとうございました
    2007/01/26 2:48 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。