言語帝国主義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数434
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    言語と国家の発展的な関係の一例として言語帝国主義について考えてみたいと思う。これは特に「言語帝国主義とは何か」の中の、「言語と民族は切り離しえるという、言語帝国主義を支える言語理論」を参照する。
     この章を一読して、内容としては「ことばと国家」と比較すると飛躍的に専門的抽象的だが、「ことばと国家」と同じ筆者であり、「ことばと国家」が理解できればこの章を理解するのに格段に役立つと感じられた。まず言語帝国主義の存在を確認した上で、言語帝国主義の正当性を保障するために使われる3つの言語イデオロギーを述べ、言語帝国主義の行き着くところは何なのかを問題提起する構成になっている。
     帝国主義は、レーニンによれば、巨大な資本の集積による、世界の経済的独占、政治的な独占状態のことであるという。この状態では帝国主義は社会生活のあらゆる面に浸透していく。この「あらゆる」が強調され、言語帝国主義も成り立つとされる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    言語と国家の発展的な関係の一例として言語帝国主義について考えてみたいと思う。これは特に「言語帝国主義とは何か」の中の、「言語と民族は切り離しえるという、言語帝国主義を支える言語理論」を参照する。
     この章を一読して、内容としては「ことばと国家」と比較すると飛躍的に専門的抽象的だが、「ことばと国家」と同じ筆者であり、「ことばと国家」が理解できればこの章を理解するのに格段に役立つと感じられた。まず言語帝国主義の存在を確認した上で、言語帝国主義の正当性を保障するために使われる3つの言語イデオロギーを述べ、言語帝国主義の行き着くところは何なのかを問題提起する構成になっている。
     帝国主義は、レーニンに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。