キリンビールの首位奪還に見る商品戦略

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,607
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ビール業界はついにキリンビールがシェアにおいてアサヒビールを抜いてトップに立った。よってシェアの順位では、キリンビール、アサヒビール、サッポロビール、サントリーという順番になった。キリンビールがアサヒビールに抜かれたのは2001年のことで、キリンビールは5年ぶりにビール業界首位に立ったことになる。この要因としては何が考えられるのだろうか。 やはり大きいのは第三のビール「のどごし生」の大ヒットが挙げられるだろう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    キリンビールの首位奪還に見る商品戦略
     ビール業界はついにキリンビールがシェアにおいてアサヒビールを抜いてトップに立った。よってシェアの順位では、キリンビール、アサヒビール、サッポロビール、サントリーという順番になった。キリンビールがアサヒビールに抜かれたのは2001年のことで、キリンビールは5年ぶりにビール業界首位に立ったことになる。この要因としては何が考えられるのだろうか。
     やはり大きいのは第三のビール「のどごし生」の大ヒットが挙げられるだろう。競合であったアサヒビールは「新生」を投入するも苦戦が強いられ、投入後半年という短いスパンで新製品「新生3」を投入している。アサヒビールの苦戦振り..

    コメント1件

    obluda 購入
    詳しい数値データがなかった。
    2006/10/28 15:13 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。