カーネギーの名著

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数296
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     実際の社会進化論は、上のようなものからはかけ離れたものである。サムナーは本書にも収録されている『戦争論』の中で、「戦争準備は、はてしのない犠牲を要求する。それは虚偽である。そのような考えを何らかの実現を目指して追求すれば、国家のいっさいの資源と活動が吸収されることは一目瞭然である。(中略)それよりも賢明な法則は、平和か戦争かどちらを欲するのか真剣に考えることであり、その後で、欲するものの方の準備をすることである。」と述べたり、米西戦争によってアメリカが植民地を持つことを批判したりと、帝国主義などとは全く逆の考えをもった思想であったことがわかる。
     社会進化論のアメリカ文明論的の中での位置づけとしては、スペンサーの思想が、本国のイギリスよりもアメリカにおいて広く受け入れられ、サムナーによってアメリカで花開いたことを考えると、アメリカで生まれた最初の社会思想であるといえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                カーネギーの名著
         
     実際の社会進化論は、上のようなものからはかけ離れたものである。サムナーは本書にも収録されている『戦争論』の中で、「戦争準備は、はてしのない犠牲を要求する。それは虚偽である。そのような考えを何らかの実現を目指して追求すれば、国家のいっさいの資源と活動が吸収されることは一目瞭然である。(中略)それよりも賢明な法則は、平和か戦争かどちらを欲するのか真剣に考えることであり、その後で、欲するものの方の準備をすることである。」と述べたり、米西戦争によってアメリカが植民地を持つことを批判したりと、帝国主義などとは全く逆の考えをもった思想であったことがわ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。