実践eコマース

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数225
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     サッポロ「ドラフトワン」と、キリン「のどごし生」、アサヒ「新生」の三者についての半年後のシェアの予想についてだが、まず先に予想を挙げると、サッポロ「ドラフトワン」がトップシェアをとると思う。その理由について以下述べていきたいと思う。
     まず、リサーチということだが、これは案の定というべきか、大人数によるものはできなかったが、友人5人に対して試飲をしてもらった。その内容としては、まず最初にブラインドリサーチということで、ただビールをコップに入れて商品名は伏せたまま飲んでもらい、そして、次に商品名を与えた上で再び飲んでもらい、それぞれに好きな順に順位をつけてもらうというものである。狙いとしては、純粋に味というものが商品の評価を決めるのか、もしくは商品名であるブランドが飲む人に影響を与えるのかをみたいというものであった。ではその結果について述べたいと思う。まず最初、ブラインドリサーチでは順位は1位アサヒ「新生」2位サッポロ「ドラフトワン」3位キリン「のどごし生」となった。得票数はそれぞれ3票2票0票だった。次に商品名を明示して飲んでもらった結果、1位サッポロ「ドラフトワン」2位アサヒ「新生」3位キリン「のどごし生」で、それぞれ4票1票0票だった。なんと意外にもキリンはどちらでも票を獲得しなかった。たった5名という少ない人数による実験のため、ここから答えを導き出そうというのは少々無理矢理かもしれないがそこには目をつむり、考えていきたいと思う。二度の実験で大きく変わったのは、最初アサヒ「新生」が1位だったのに、次の実験ではサッポロ「ドラフトワン」が1位になったということである。ここで考えられるのはやはり知名度、つまりブランドとしてドラフトワンが認知されているからではないだろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    実践eコマース
    サッポロ「ドラフトワン」と、キリン「のどごし生」、アサヒ「新生」の三者についての半年後のシェアの予想についてだが、まず先に予想を挙げると、サッポロ「ドラフトワン」がトップシェアをとると思う。その理由について以下述べていきたいと思う。
     まず、リサーチということだが、これは案の定というべきか、大人数によるものはできなかったが、友人5人に対して試飲をしてもらった。その内容としては、まず最初にブラインドリサーチということで、ただビールをコップに入れて商品名は伏せたまま飲んでもらい、そして、次に商品名を与えた上で再び飲んでもらい、それぞれに好きな順に順位をつけてもらうというものである。狙いとしては、純粋に味というものが商品の評価を決めるのか、もしくは商品名であるブランドが飲む人に影響を与えるのかをみたいというものであった。ではその結果について述べたいと思う。まず最初、ブラインドリサーチでは順位は1位アサヒ「新生」2位サッポロ「ドラフトワン」3位キリン「のどごし生」となった。得票数はそれぞれ3票2票0票だった。次に商品名を明示して飲んでもらった結果、1位サッポロ「ドラフトワン」2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。