番組編成に見るフジテレビのターゲット戦略

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数960
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:新聞の縮刷版(新聞本誌、テレビ雑誌)最低5日分の番組表をコピーし、番組編成について考察しなさい。
    要約:フジテレビは一日の番組編成の中でターゲットが全般(朝のニュース・情報番組)→主婦(「こたえてちょーだい」のような愚痴番組)→全般(ニュースや「笑っていいとも」)→主婦(昼ドラ)→全般?(ドラマの再放送)→全般(ニュース)→若年層やファミリー(バラエティ)→全般(ドラマやニュース)→若者(深夜バラエティ)というふうに動いている。大体が若年層やファミリー向けであり、高年齢層がないがしろにさされている。よりよいテレビ局を目指すならば、今後はもっとターゲットのバランスを考えた番組編成が必要であろう。
     それでは番組編成についてみていきたいと思う。実際番組編成について番組表を見ながら真剣に考えてみるということは生まれて初めてのことではないだろうか。せっかくのよい機会であるためテレビ局各社(特に今回はフジテレビを中心に焦点を当ててみる)がどのように番組を編成し、それは他のテレビ局とどのように関係しているのか、といった各局の番組編成戦略について考えたいと思う。期間は2006年1月23日月曜日から2006年1月27日金曜日までの5日間の番組表を参考にして考える。
    1. 各局の特徴
     チャンネル順に見ると最初に「NHK(日本放送協会)」。NHKは本来公正中立な報道をしなければならない立場にあるが、経営・番組編集方針には時の政権の意向が反映されるため政府に都合の悪いニュースを報道したがらないとの批判や、民間の問題ですら報道が消極的であるとの批判がある。NHKは「大河ドラマ」「紅白歌合戦」など国民的人気のある番組を多数放送しているが、視聴者の嗜好の変化に追随できず視聴率が年々低下している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    番組編成に見るフジテレビのターゲット戦略
    課題:新聞の縮刷版(新聞本誌、テレビ雑誌)最低5日分の番組表をコピーし、番組編成について考察しなさい。
    要約:フジテレビは一日の番組編成の中でターゲットが全般(朝のニュース・情報番組)→主婦(「こたえてちょーだい」のような愚痴番組)→全般(ニュースや「笑っていいとも」)→主婦(昼ドラ)→全般?(ドラマの再放送)→全般(ニュース)→若年層やファミリー(バラエティ)→全般(ドラマやニュース)→若者(深夜バラエティ)というふうに動いている。大体が若年層やファミリー向けであり、高年齢層がないがしろにさされている。よりよいテレビ局を目指すならば、今後はもっとターゲットのバランスを考えた番組編成が必要であろう。
     それでは番組編成についてみていきたいと思う。実際番組編成について番組表を見ながら真剣に考えてみるということは生まれて初めてのことではないだろうか。せっかくのよい機会であるためテレビ局各社(特に今回はフジテレビを中心に焦点を当ててみる)がどのように番組を編成し、それは他のテレビ局とどのように関係しているのか、といった各局の番組編成戦略について考えた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。