安定したエネルギー供給のために

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数400
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     課題の解決に向けて有効であると思われる新しい政策の提案
     これまで何度もエネルギーの安定供給が必要と述べられている原因は、日本が国産のエネルギーが非常に少ないという点にある。日本国内で産出される国産エネルギーは、水力、地熱、風力や若干の天然ガス等のみで、我が国が必要とするエネルギーの約4%にすぎない。ここに原子力発電に必要なウランを輸入・使用することで得られる準国産エネルギーともいえる原子力エネルギーを含めてもエネルギー自給率は約20%にすぎない。残る80%のエネルギーは、利用用途の広い石油・LPガスは中東地域を中心に、天然ガスは東南アジア、豪州、中東等から、石炭は豪州等からほぼ全量を輸入しているのである。日本の国土について考えてみてもエネルギー自給率が低いことは仕方ない気もする。今後新エネルギーが多少伸びるかもしれないが、今現在全体の1%程度にしかなっていないため短期的にはかなり厳しいのではないかと考えられる。よって、海外からの輸入をもっと効率よくすべきではないかと思う。石油に関してみてみると、石油のほとんどが中東の国から輸入されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    安定したエネルギー供給のために
    課題の解決に向けて有効であると思われる新しい政策の提案
     これまで何度もエネルギーの安定供給が必要と述べられている原因は、日本が国産のエネルギーが非常に少ないという点にある。日本国内で産出される国産エネルギーは、水力、地熱、風力や若干の天然ガス等のみで、我が国が必要とするエネルギーの約4%にすぎない。ここに原子力発電に必要なウランを輸入・使用することで得られる準国産エネルギーともいえる原子力エネルギーを含めてもエネルギー自給率は約20%にすぎない。残る80%のエネルギーは、利用用途の広い石油・LPガスは中東地域を中心に、天然ガスは東南アジア、豪州、中東等から、石..

    コメント1件

    masa924 購入
    参考になりました。
    2007/04/14 4:45 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。