社会保障論期末レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,373
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ? 社会保険の特性について
     社会保険とは、国家が社会政策上の目的を達成するために保険技術を用いている保険のことを指す。社会保険の社会的存在意義は社会構成員に対し、その生活を脅かす事故が発生した場合に、社会的考慮に基づく特定基準の給付を支給し、その生活を保障することに置かれている。社会保険は、社会扶助と私保険の中間的形態であり、社会扶助と私保険との違いは、保険料との関係性が給付額にあるかないかである。社会保険と私保険との違いは以下のようなものがある。まず、社会保険は法律に基づく政府独占または運営を委託された公法人によって実施されること。第二に、社会保険は強制保険になっていることが多いこと。第三に、社会保険は保険商品属性(補償範囲・保険料水準など)が原則として法律で定められていること。第四に、社会保険は人保険のみであり物保険はないこと。第五に保険保護が必ず必要とされる社会的リスクに限定されること。第六に、社会保険の保険料額は給付反対給付均等の原則に従ったものではなく、たとえば応能負担の原則などのほかの原理・原則に依存して決定すること。第七に、社会保険は被保険者を雇用する企業や政府もその費用の一部を負担することが多いということである。また最後に、社会保険は私保険と給付のための財源調達方式がことなっているということがある。また、社会扶助と社会保険の違いとしては、社会保険はその事故の発生を理由として所定の給付が行われるが、社会扶助は、生活に困窮していると限定されない限り、所定の給付は行われないということである。
    社会保険の主要な機能としては、被保険者およびその家族に対しての基礎的生活保障を提供すること。所得再分配機能。個人貯蓄率や企業の労務管理などにたいする政策上の影響をもつ。といいたことがあげられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会保障論 期末レポート」
    社会保険の特性について
    社会保険とは、国家が社会政策上の目的を達成するために保険技術を用いている保険のことを指す。社会保険の社会的存在意義は社会構成員に対し、その生活を脅かす事故が発生した場合に、社会的考慮に基づく特定基準の給付を支給し、その生活を保障することに置かれている。社会保険は、社会扶助と私保険の中間的形態であり、社会扶助と私保険との違いは、保険料との関係性が給付額にあるかないかである。社会保険と私保険との違いは以下のようなものがある。まず、社会保険は法律に基づく政府独占または運営を委託された公法人によって実施されること。第二に、社会保険は強制保険になっていることが多いこと。第三に、社会保険は保険商品属性(補償範囲・保険料水準など)が原則として法律で定められていること。第四に、社会保険は人保険のみであり物保険はないこと。第五に保険保護が必ず必要とされる社会的リスクに限定されること。第六に、社会保険の保険料額は給付反対給付均等の原則に従ったものではなく、たとえば応能負担の原則などのほかの原理・原則に依存して決定すること。第七に、社会保険は被保険者を雇..

    コメント2件

    yasu2006 購入
    よかった
    2006/08/16 5:26 (10年4ヶ月前)

    khagigi0104 購入
    よかった
    2007/01/30 10:13 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。