経営学原理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数563
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     非営利・非経済分野における株式会社の可能性ということであるが、その可能性はあると考えられる。参考に挙げられていた神奈川県の株式会社病院についてまず考えてみよう。記事によると、構造改革特区で認められた株式会社による病院経営について神奈川県は、バイオ分野のベンチャー企業による診療所の開設を内閣府に申請したと発表したとのことである。この会社は、バイオベンチャー企業「バイオマスター」(東京都千代田区)を事業主体とする診療所で、皮膚再生技術を活用した美容整形分野を想定している。「病院特区」は厚生労働省や日本医師会の反対を押し切って小泉首相が03年に設置を決めたが、参入条件が限られていることなどから、これまでに応募した自治体はなかったため、内閣府は、今後厚労省などに意見を求め、申請を認めるかどうかの手続きに入るとのことである。また、この件に関しては、高度美容医療の安全性についてなど否定派の意見も多いようである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営学原理レポート 
     非営利・非経済分野における株式会社の可能性ということであるが、その可能性はあると考えられる。参考に挙げられていた神奈川県の株式会社病院についてまず考えてみよう。記事によると、構造改革特区で認められた株式会社による病院経営について神奈川県は、バイオ分野のベンチャー企業による診療所の開設を内閣府に申請したと発表したとのことである。この会社は、バイオベンチャー企業「バイオマスター」(東京都千代田区)を事業主体とする診療所で、皮膚再生技術を活用した美容整形分野を想定している。「病院特区」は厚生労働省や日本医師会の反対を押し切って小泉首相が03年に設置を決めたが、参入条件が限られ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。