社会政策の時代区分

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数501
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    社会政策の時代区分

     社会政策の時代区分は大きく4つの区分に分かれる。第一の区分は家父長制的社会政策期であり、絶対主義の時代がこれに該当する。この時期は資本主義の勃興期であり、、社会政策は資本主義による社会変化を抑えようとする地主の利害を反映したものであった。具体的には浮浪と貧困を罰し、中世的秩序を保持しようとした労働者規正法や家父長制的に救済を行おうとした救貧法といった政策が採られた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会政策の時代区分
     社会政策の時代区分は大きく4つの区分に分かれる。第一の区分は家父長制的社会政策期であり、絶対主義の時代がこれに該当する。この時期は資本主義の勃興期であり、、社会政策は資本主義による社会変化を抑えようとする地主の利害を反映したものであった。具体的には浮浪と貧困を罰し、中世的秩序を保持しようとした労働者規正法や家父長制的に救済を行おうとした救貧法といった政策が採られた。
     第二の区分は自由主義的社会政策の時代である。この時代は産業革命後、資本主義が発展し、自由主義的思想が経済政策のみならず、社会政策にも反映されるようになる。この時期の社会政策の特徴は資本家の利害を擁護するもの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。