健康帝国ナチスについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数427
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在の日本の医療にドイツ生まれの言葉が数多く用いられているのからもわかるように、18世紀後半から19世紀前半のドイツは世界の中でも最先端の医療水準を誇っていた。特にがん研究はその象徴として組織的に行われた。現在でもがんは難病として、簡単に根治できる病気には至っていないが、当時のドイツのがん研究者たちは世界に先駆けて、タバコとがんが深い関係にあることを突き止め、特に肺がんの発症率は喫煙により飛躍的に高まることを論文にまとめた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「健康帝国ナチス」を読んで
     第二次世界大戦期のナチス・ドイツでは、ナチスに無条件で嫌悪感を示しがちな我々からすると意外に思うような、国民の健康のための政策が次々と実行されていた。現在の日本の医療にドイツ生まれの言葉が数多く用いられているのからもわかるように、18世紀後半から19世紀前半のドイツは世界の中でも最先端の医療水準を誇っていた。特にがん研究はその象徴として組織的に行われた。現在でもがんは難病として、簡単に根治できる病気には至っていないが、当時のドイツのがん研究者たちは世界に先駆けて、タバコとがんが深い関係にあることを突き止め、特に肺がんの発症率は喫煙により飛躍的に高まることを論文にま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。