社会政策の制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数447
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会政策の時代区分をする場合には、1980年代までは、イギリスを基準に取る。その理由としては、イギリスが資本主義の母国であり「世界の工場」であったことがあるが、その最大の理由としては階級対抗の構図が最も明快であったことが挙げられる。
    近代の社会政策は、家父長的社会政策の時代、自由主義の時代、福祉国家の時代の三つに分けられる。家父長的社会政策の時代は、絶対主義までの時代をカバーしている。これは資本主義が発展を始めた時期のもので、社会政策は資本主義による変化を抑制しようとする地主の利害を反映していた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会政策の時代区分をする場合には、1980年代までは、イギリスを基準に取る。その理由としては、イギリスが資本主義の母国であり「世界の工場」であったことがあるが、その最大の理由としては階級対抗の構図が最も明快であったことが挙げられる。
    近代の社会政策は、家父長的社会政策の時代、自由主義の時代、福祉国家の時代の三つに分けられる。家父長的社会政策の時代は、絶対主義までの時代をカバーしている。これは資本主義が発展を始めた時期のもので、社会政策は資本主義による変化を抑制しようとする地主の利害を反映していた。中世的秩序を維持しようとする政策が出された。生活保障に関しては、救貧法という法律があり、児童・失業..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。