日本人の法意識

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,398
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     私たち日本人にとって、法律は身近なものでは全くなく、それに関心を持つ機会もあまり多くはないように感じる。法律に関心を持っていないというのは言い過ぎであるとは思う。でも、日本という国は、紛争などによって地域の奪い合いをするなどというような争いなどは全くといっていいほどなく、ほとんどの人が毎日を平和にすごしているのだ。だから法律に触れるということがあまりないのだろうか。そして、法律がとても難しく専門的だと思う人や、「法律なんか私には関係ないわ。」などと思う人が多いのではないのだろうか。今の日本人は、「私には関係ないわ。」などと自分の問題としてみていないことが法律に関してだけではなくほかの事に関しても多いように感じる。しかし、法律というのは、自分の権利が侵害された時に、自分を守ってくれるものである。そのために色々な法律が作られて、また今の時勢に合わせるために法律が改正されたりするのである。だからみな

    がもう少し法律に関心を持ってもいいのではないかと思う。そのためにもう少しオープンにそしてみなにわかるようにしていってもいいと思う。           
    ここでは『日本人の法意識』という本の中の民事訴訟の法意識という章に興味を持ったので、それについてもう少し考えていこうと思う。民事訴訟が自分たちにとっては一番生活に関係があり、この先に関係が一番ありそうなものではあるけれど、費用がかかり、時間がかかり、弁護士のこともよくわからない。そんな風に思っている人が多いのではないでしょうか。(実際にはそうではなくても私たちの目にはそのように見えることが原因なのかもしれないと思うが。)また、困ったときには裁判を起こせばいいという単純なものではまったくないのだろう。そんな風に思う人がおおいので民事訴訟は増えているようで数字的には増えていないというのが現状であると思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ☆○○○○○○○○○○○○○○○○○○○☆○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
     私たち日本人にとって、法律は身近なものでは全くなく、それに関心を持つ機会もあまり多くはないように感じる。法律に関心を持っていないというのは言い過ぎであるとは思う。でも、日本という国は、紛争などによって地域の奪い合いをするなどというような争いなどは全くといっていいほどなく、ほとんどの人が毎日を平和にすごしているのだ。だから法律に触れるということがあまりないのだろうか。そして、法律がとても難しく専門的だと思う人や、「法律なんか私には関係ないわ。」などと思う人が多いのではないのだろうか。今の日本人は、「私には関係ないわ。」などと自分の問題としてみていないことが法律に関してだけではなくほかの事に関しても多いように感じる。しかし、法律というのは、自分の権利が侵害された時に、自分を守ってくれるものである。そのために色々な法律が作られて、また今の時勢に合わせるために法律が改正されたりするのである。だからみな
    がもう少し法律に関心を持ってもいいのではないかと思う。そのためにもう少しオープンにそしてみなにわかるようにして..

    コメント1件

    kanako20 購入
       
    2006/09/19 23:08 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。