安定化電源の製作(電気電子回路)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数3,316
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    実験項目:
    (1)整流用ダイオード、ツェナーダイオードの静特性測定
    (2)AC電源(トランス)の出力波形の測定及び全波整流波形の測定
    (3)キャパシタによる整流波形の平滑化の測定
    (4)ツェナーダイオードによる電圧安定化の測定
    (5)負荷試験、安定化電源の設計、試作、試験

    1.目的
     ダイオード、ツェナーダイオードの静特性を測定し、その特性とキャパシタンスによる平滑化効果を用いて、交流電圧の全波整流を行い直流安定化電源を製作する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    安定化電源の製作
    2004.10.26.
    実験計画書
    ダイオードの測定及び直流安定化電源の製作実験
    実験項目:
    (1)整流用ダイオード、ツェナーダイオードの静特性測定
    (2)AC電源(トランス)の出力波形の測定及び全波整流波形の測定
    (3)キャパシタによる整流波形の平滑化の測定
    (4)ツェナーダイオードによる電圧安定化の測定
    (5)負荷試験、安定化電源の設計、試作、試験
    実験計画:(略)
    1.目的
     ダイオード、ツェナーダイオードの静特性を測定し、その特性とキャパシタンスによる平滑化効果を用いて、交流電圧の全波整流を行い直流安定化電源を製作する。
    2.原理
     図1はダイオードの静特性を示した図である。これは(1)式で表すことができる。
    (1)
    ここでnはダイオードの性質によって決まる値で、1≦n≦2であり、VTは温度によって決まる定数で、20℃のときVT=25[mV]である。また、図のように(v1,i1)、(v2,i2)をとると、
    (2)
    と表すことができる。また、理想ダイオードとは図2の特性で表され、これを用いることにより一般のダイオードを図3、4のように置き換えることができる。
     ..

    コメント3件

    syotaro 購入
    fgy
    2006/08/25 18:56 (10年3ヶ月前)

    un11m1t3d 購入
    物凄くありがたいです!!
    2006/10/14 22:56 (10年2ヶ月前)

    mamuru 購入
    ,m
    2006/10/17 5:05 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。