心理学そのもの及び一般人の認識と間違い

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数501
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    心理学(Psychology)は人と動物のメンタル(mental)な事象と行為表現を研究する科学であって、心理科学とも言える。心理学は英語でPsychologyといい、語源はギリシャからきて、魂に関する科学という意味である。魂はギリシャ語で気体または呼吸の意味である。古代の原始人は生命が呼吸に頼ると思って、呼吸が止めたら、生命も完結する。この後、科学の発展につれて、心理学の対象は魂から心(mind)に変わった。心理学は心を研究するから、心の哲学(Philosophy of mind)にも呼ばれている。19世紀の初めになって、ドイツの哲学者であれば、教育者であるヘルバルト(JF Herbart、1776―1841)がはじめで心理学は科学であることを打ち出した。心理学は一種の科学として、歴史が短いが、過去はとても長いである。心理学は古代の哲学の思想までさかのぼることができる。
    心理学の研究対象はメンタル(mental)な事象とその行為である。心理学は自然科学にも、社会科学にも関係があるひとつの学際科学である。心理学はただ世界を認識する科学ではなく、人間の活動と行為を認識して、予測して、調節する科学であって、人間のメンタル(mental)な事象の発生及び発展の規律を探求して、人々の実践活動を指導する。言い換えれば、心理学は人間が自分自身を認識したり、研究したりするための基礎科学である。
    ある意味では、わたしたち一人一人はフォーク心理学者(folk psychologist)である。四歳の子供にしても、彼らはもう他人の考えを推し量ることができる。彼らはどうやっておもちゃを隠したり、間違い手がかりを与えたりして、他人に見つけられないようにすることを知ってる。そして、親の顔つきと話しぶりをを確認して、親は怒ってるのを判断できて、大人しくする。その後、親が嬉しくなった機会に乗じて、要求を出す。一方、親も褒美と処罰を用いて、子供の不良行為を直させたり、よい習慣を身につけさせたりする。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学そのもの及び一般人の認識と間違い
    心理学(Psychology)は人と動物のメンタル(mental)な事象と行為表現を研究する科学であって、心理科学とも言える。心理学は英語でPsychologyといい、語源はギリシャからきて、魂に関する科学という意味である。魂はギリシャ語で気体または呼吸の意味である。古代の原始人は生命が呼吸に頼ると思って、呼吸が止めたら、生命も完結する。この後、科学の発展につれて、心理学の対象は魂から心(mind)に変わった。心理学は心を研究するから、心の哲学(Philosophy of mind)にも呼ばれている。19世紀の初めになって、ドイツの哲学者であれば、教育者であるヘルバルト(JF Herbart、1776―1841)がはじめで心理学は科学であることを打ち出した。心理学は一種の科学として、歴史が短いが、過去はとても長いである。心理学は古代の哲学の思想までさかのぼることができる。
    心理学の研究対象はメンタル(mental)な事象とその行為である。心理学は自然科学にも、社会科学にも関係があるひとつの学際科学である。心理学はただ世界を認識する科学ではなく、人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。