少年犯罪について心理学からの分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,370
ダウンロード数43
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     現代社会のマスコミ(mass communication)はかつてない速度で発展しているにつれて、少年は敏感な心で、時代の変化を受け入れている。彼らは経験が豊富で知識が広くて、ませていて、元気で活発的である。しかし、その一方、少年犯罪は新しい特徴が出てきた。犯罪の動機、形式及び手段はいずれも新たな変化が現れた。
     少年たちはもともと無邪気であるが、犯罪者になるのは、親にも、社会にも、認めなければならない事実である。
     少年犯罪の特と原因を探求することによって徴、より良く少年犯罪を防ぐには重大な意味が存在している。
     今のところには、少年犯罪は以前より、いろいろな特徴があります。
     凶暴性。少年時代は幼稚から成熟まで発展している時期である。一部の少年は社会でまだ健全な人格にならないから、誤った道にふみ入りやすい。そのうえ、少年は空威張りで負けず嫌いから、違法行為をやるとき、常によほどの凶暴性が現れている。
     突然性。少年犯罪の動機は簡単で、目的も単純で、随意にする。一般的に、計画犯罪が少なくて、大部は事前で練られていなくて、計画もない。原因は常にある外因によって誘発されて、刺激される。または一時感情的に激して、突然罪を犯した。この突然性は少年が感情的に激しやすくて、自分をコントロール(control)することが堪能ではない事実を示した。
     連続性。一部の窃盗または強盗を犯した少年は、一回目の罪を犯してうまくやり遂げると、僥倖の気持ちを高まって、物質的な享楽を無限な欲求を生じた。これにしたがって、連続那犯罪を現れた。
     組織的な団体と犯罪の集団性。組織から見れば、一般的に、臨時に仲間をかき集めていたり、解散したりする。しかも、こういう組合はだいたいすぐに相手に同調してしまって、多くの人がわっと立ち上がるような団体性犯罪である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    少年犯罪について心理学からの分析
     現代社会のマスコミ(mass communication)はかつてない速度で発展しているにつれて、少年は敏感な心で、時代の変化を受け入れている。彼らは経験が豊富で知識が広くて、ませていて、元気で活発的である。しかし、その一方、少年犯罪は新しい特徴が出てきた。犯罪の動機、形式及び手段はいずれも新たな変化が現れた。
     少年たちはもともと無邪気であるが、犯罪者になるのは、親にも、社会にも、認めなければならない事実である。
     少年犯罪の特徴と原因を探求することによって、より良く少年犯罪を防ぐには重大な意味が存在している。
     今のところには、少年犯罪は以前より、いろいろな特徴があります。
     凶暴性。少年時代は幼稚から成熟まで発展している時期である。一部の少年は社会でまだ健全な人格にならないから、誤った道にふみ入りやすい。そのうえ、少年は空威張りで負けず嫌いから、違法行為をやるとき、常によほどの凶暴性が現れている。
     突然性。少年犯罪の動機は簡単で、目的も単純で、随意にする。一般的に、計画犯罪が少なくて、大部は事前で練られていなくて、計画もない。原因は常にある外..

    コメント4件

    dirkyo1020 購入
    参考になった
    2006/06/03 16:06 (10年6ヶ月前)

    tomtom12 購入
    とてもよくまとまっていたと思います。
    2006/09/01 9:29 (10年3ヶ月前)

    popo08112008 購入
    参考になりました。
    2007/05/25 18:40 (9年6ヶ月前)

    g5121213 購入
    よかった
    2007/06/22 23:40 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。