法の下の平等について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数464
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法の下の平等は、憲法第14条に明記されており、憲法全体を貫く「個人の尊厳」に基づくものである。この法の下の平等は、「個人の尊厳」という目的を達成するための手段とも言うことができる。
     法の下の平等とは、国家による不平等な取り扱いを排除するということであり、逆に言えば、法的な取り扱いの平等である。この平等という考え方には2種類ある。
     まず、一つ目は形式的平等である。この考えは、すべての個人を一律に同じように扱うということである。例えば、投票の価値の平等は最もこの考えが貫かれるべきものである。
     二つ目は、実質的平等である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の下の平等・・・個人の尊厳、実質的平等、形式的平等、投票の価値、労働基準法の母体保護、結果の平等、機会の平等、相対的平等、同じものは同じように、違うものは違うように扱う、相互調整
     法の下の平等は、憲法第14条に明記されており、憲法全体を貫く「個人の尊厳」に基づくものである。この法の下の平等は、「個人の尊厳」という目的を達成するための手段とも言うことができる。
     法の下の平等とは、国家による不平等な取り扱いを排除するということであり、逆に言えば、法的な取り扱いの平等である。この平等という考え方には2種類ある。
     まず、一つ目は形式的平等である。この考えは、すべての個人を一律に同じように扱うと..

    コメント2件

    ma1105 購入
    コンパクトにまとまっています。
    2006/07/06 19:47 (10年5ヶ月前)

    lovelogos 購入
    ありがとうございました
    2007/03/08 23:13 (9年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。