公共の福祉について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,795
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    公共の福祉は、日本国憲法の人権規定の部分と、経済的自由権の部分に明記されている。公共の福祉とは、大まかに言うと人権の実質的な平等を保障するためのものである。
     まず、日本国憲法の12、13条の人権に関する規定の部分での公共の福祉とは、自由国家的な考えに基づき、実質的平等を実現するための人権相互の調整のことである。人権がみなに平等に与えられているからといって、他人の人権の侵害、他人の人間としての尊厳を傷つけることは許されない。そのような場合には、両方の人権を比較衡量し、どちらかの人権を制約するというものである。言い換えれば、内在的制約である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     公共の福祉・・・精神的自由:内在的制約、人権相互の調整、自由国家、比較衡量、個人の尊厳、実質的平等、
             経済的自由:政策的制約、外在的制約、福祉国家、資本主義社会、経済格差、実質的平等、独占禁止法、形式的に法を適用、経済的弱者の救済
             
             まとめ:相対的な平等の実現、二重の基準論、人権なので最低限の制約   
    公共の福祉は、日本国憲法の人権規定の部分と、経済的自由権の部分に明記されている。公共の福祉とは、大まかに言うと人権の実質的な平等を保障するためのものである。
     まず、日本国憲法の12、13条の人権に関する規定の部分での公共の福祉とは、自由..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。