信義則について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数958
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート法学信義則民法総則

    代表キーワード

    法学総則信義則,

    資料紹介

    信義則・・・民法第1条、相手の信頼を不当に裏切ることがないように誠意を持って行う
          履行と権利の行使
    義務の履行、権利の行使は権利の濫用と重ねて援用されることが多い
     信義則(信義誠実の原則)は、民法第1条に「私権の公共性(公共の福祉)」「権利濫用の禁止」の原則とともに書かれており、戦後の憲法改正時に追加された条文のひとつであり、私法上の権利義務関係があるところには常に妥当する基本原理(一般条項)のひとつである。
     信義則とは、主に現代の私的自治の原則に基づく私的取引関係において、相手方の信頼を不当に裏切ることのないように誠意を持って行うようにという原則を意味する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    信義則・・・民法第1条、相手の信頼を不当に裏切ることがないように誠意を持って行う
          履行と権利の行使
    義務の履行、権利の行使は権利の濫用と重ねて援用されることが多い
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。