人権の限界

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数427
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    人権は、日本国憲法の根源である「個人の尊厳」に基づき、最も保障されるべき権利である。しかしながら、人権も絶対的無制約ではなく公共の福祉によって制限されると解されている。公共の福祉に制限される権利は2つに分けられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     人権は、日本国憲法の根源である「個人の尊厳」に基づき、最も保障されるべき権利である。しかしながら、人権も絶対的無制約ではなく公共の福祉によって制限されると解されている。公共の福祉に制限される権利は2つに分けられる。
     まず、ひとつ目は精神的自由権に対する制約である。この精神的自由権は、自由国家的な考えに基づき、国家は国民の権利に対してできるだけ介入しないことを前提としている。しかし、その権利を行使することによって、他人の権利を侵害する場合がある。このような場合、権利を行使することで他人の生命や健康を侵す場合には権利を制限しなければならない。なぜなら、人の生命や健康(身体の自由)は個人の尊厳に..

    コメント1件

    macchorinn 購入
    分かりやすく、端的にまとめられていてよかったです。
    参考になりました。
    2006/07/27 21:54 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。