権利の濫用

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,532
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    司法の一般法である民法には、「権利ノ濫用ハ之ヲ許サス」(民法第1条第3項)と規定されている。これは「権利濫用禁止の法理」と呼ばれるものであるが、この「権利濫用禁止の法理」の要件(判断基準)及び効果について具体的な例を挙げながら論じなさい。「権利の濫用禁止の法理」は、信義誠実の原則、公共の福祉とともに、民法第1条に書かれている。これらは、民法全てを貫く考え(一般規定)である。
     この「権利濫用禁止の法理」を考える上で有名な判例として「宇奈月温泉事件」がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    権利の濫用
     
    「権利の濫用禁止の法理」は、信義誠実の原則、公共の福祉とともに、民法第1条に書かれている。これらは、民法全てを貫く考え(一般規定)である。
     この「権利濫用禁止の法理」を考える上で有名な判例として「宇奈月温泉事件」がある。この事件は、Aが山から温泉旅館まで引いているパイプの一部が温泉管理者の所有ではない土地を通っていることを知り、その土地を当時所有していたCから買い取り、所有権を理由にそのパイプを移動させるように請求し、それをBが拒否するとその土地を高価で買い取るように請求したというものである。判決では、Aの所有権の行使を権利の濫用であるとして無効とした。この判例をもとに「権利..

    コメント1件

    10028247zule 購入
    参考にさせていただきました。ありがとうございました。
    2007/05/20 19:27 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。