自然保護の取り組み

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数686
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今日、地球ではさまざまな環境問題が発生し、自然破壊がすすんでいる。そこで、国際的に環境問題について取り組み、自然破壊を食い止めようとしている。
    例えば、有名なのが「ラムサール条約」である。ラムサール条約とは、イランのラムサールRamsarで、1971年に採択された国際条約「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」の通称である。日本は昭和55年(1980)に加盟した、国際湿地条約のことである。
    ウェットランドとは、浅い開放系の水域- 湖、池、河川、海岸の外縁部−そして、規則的に、またはある時期に水で覆われる土地や、水で充満する土地−湿原、沼沢地、氾濫原やそれらに類する土地−のことである。何世紀にもわたって人類はウェットランドを、「開拓したり、農業のようなはっきりした利用目的のために改修したりすべき土地」とみなしてきた。そして、近代のめまぐるしい経済の発展と開発は、湿原や干潟などのウェットランドの環境に、多大な悪影響を及ぼしてきた。価値のない土地とされた干潟や湿地などは、大規模な埋立てや干拓により次々と破壊されて行き、見る見るうちに減少と質的な変化(乾燥化等)を遂げていったのである。湿原、干潟、湖沼などのウェットランドは、水系の流量調節を行ない、また、水を浄化させるすばらしい能力を持っている。また、それぞれのウェットランドは、特有の動植物、とりわけ水鳥にとっての重要な生息場所となっている。多くの生命が息づく、豊かな生態系。それが、ウェットランド。多様な生態系の保全や、水質や水量の適切な管理を考えたとき、私たちはウェットランドの果たす役割の大きさに気付くはずだ。
     そこで、地球規模で失われつつあるウェットランドの生態系を保全することを、特に国境を越えて旅をする水鳥たちの生息地であるウェットランドを保存する事を、必要とする認識が、1960年代から西ヨーロッパ諸国を中心に高まってきた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境問題レポート
     ~これからの自然保護に必要なこと~
    今日、地球ではさまざまな環境問題が発生し、自然破壊がすすんでいる。そこで、国際的に環境問題について取り組み、自然破壊を食い止めようとしている。
    例えば、有名なのが「ラムサール条約」である。ラムサール条約とは、イランのラムサールRamsarで、1971年に採択された国際条約「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」の通称である。日本は昭和55年(1980)に加盟した、国際湿地条約のことである。
    ウェットランドとは、浅い開放系の水域- 湖、池、河川、海岸の外縁部-そして、規則的に、またはある時期に水で覆われる土地や、水で充満する土地-湿原、沼沢地、氾濫原やそれらに類する土地-のことである。何世紀にもわたって人類はウェットランドを、「開拓したり、農業のようなはっきりした利用目的のために改修したりすべき土地」とみなしてきた。そして、近代のめまぐるしい経済の発展と開発は、湿原や干潟などのウェットランドの環境に、多大な悪影響を及ぼしてきた。価値のない土地とされた干潟や湿地などは、大規模な埋立てや干拓により次々と破壊されて行き、見..

    コメント1件

    shenlvu 購入
    素晴らしい
    2006/09/19 17:57 (10年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。