経済発展の変化と環境問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,889
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    20世紀末までの世界経済は「先進国の時代」と呼ばれ、GWP(世界総生産)において大きなシェアを占めていた。しかし、20世紀末からは先進国と発展途上国のシェアの割合は1990年には先進国54.0%、発展途上国は46.0%と接近し、2010年には先進国44.1%、発展途上国55.9%と逆転すると予想されている。発展途上国の中でも成長率が高く、規模の大きいものが中国、インド、インドネシアで「ビッグ・スリー」と呼ばれている。これらの3カ国は2010年には、世界全体の26.4%に達するといわれており世界の4分の1を占める勢いである。この意味で21世紀はビッグ・スリーの時代とも言える。現代はその転換期といわれている。
     この転換に伴い、環境問題も変化すると思われる。これまで、世界経済の中心を担ってきた先進国において汚染物質の排出や資源の大量消費の環境問題が発生し、先進国を中心とした大きな取り決めや取り組みがなされてきた。
    しかし、これからは上記で述べたように、発展途上国の時代である。世界経済の中心の移動とともに環境問題も発展途上国に移動する。発展途上国は環境問題についての取り組みが十分でないため、これからは発展途上国中心の環境対策が必要とされるだろう。
     環境問題への取り組みを規約した例として、「京都議定書」がある。これは、締約国155カ国1,534人、非締約国6カ国29人、その他関係者710人、NGOなどオブザーバー278団体3,865人、報道関係者3,712人、合計9,850人(条約事務局発表)が参加し、日本で開催された国連の会議としては最大規模のものとなった。しかし、先進国を中心とした地球温暖化についての取り決めである。具体的な内容としては、温室効果ガスである二酸化炭素、メタン、一酸化炭素、代替フロンなどの6種類のガスについて法的拘束力のある数値約束をする。この数値については国ごとに定めてある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済発展の変化と環境問題について
     20世紀末までの世界経済は「先進国の時代」と呼ばれ、GWP(世界総生産)において大きなシェアを占めていた。しかし、20世紀末からは先進国と発展途上国のシェアの割合は1990年には先進国54.0%、発展途上国は46.0%と接近し、2010年には先進国44.1%、発展途上国55.9%と逆転すると予想されている。発展途上国の中でも成長率が高く、規模の大きいものが中国、インド、インドネシアで「ビッグ・スリー」と呼ばれている。これらの3カ国は2010年には、世界全体の26.4%に達するといわれており世界の4分の1を占める勢いである。この意味で21世紀はビッグ・スリーの..

    コメント2件

    rb10200 購入
    ちょっと短くて物足りない気がしました。
    2005/12/27 14:13 (11年前)

    criset 購入
    要点がよくわかりませんでした
    2006/07/27 14:55 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。