ハワイの教育制度について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,492
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.管轄
    日本が国全体で教育に携わっているのに対して、アメリカでは州ごとの自治が認められているため、教育においても各州にゆだねられ、取り決めがされています。

    2.ハワイの教育の特徴
    ハワイ州では、教育が個々の学校にゆだねられています。なので、学校ごとによって教育方針やカリキュラムが全然違います。
    3.義務教育
    ハワイの教育制度には初等教育(Primary Education)、中等教育(Secondary Education)、高等教育(Higher Education)の3つのカテゴリがあります。
    日本での教育制度は6・3・3制の12年間が文部科学省で定められていますが、ハワイ州では5・3・4制または6・2・4制となっています。またハワイ州令による義務教育期間は6〜18歳までの12年間です。

    4.教科書
    ハワイでも義務教育の間は教科書は無償です。しかし、日本のように配付ではなくハードカバーの教科書で貸し出しです。書き込みも禁止で名前すら書くことができません。そのため、生徒たちは教科書にブックカバーをかけ、名前や教科名を記入します。学年が終わると学校に返して、また次の年の子どもたちが使います。
    5.各学校について
    キンダーガーデン
    就学前の教育機関として、小学校に併設されています。日本で言う幼稚園みたいなものです。これは義務教育ではありませんが、無償で入ることができます。3歳以上を対象としたプリスクールあるいはナーサリースクールと呼ばれる、いわゆる保育園は有償のところがほとんどです。
    小学校
    ハワイ州の公立小学校校は
    ?一般公立校(253校)、
    ?ハワイ語教育学校(2校)、
    ?障害者用の特別学校(3校)、
    ?チャータースクール(27校)    と285校あります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハワイの教育制度について
    1.管轄
    日本が国全体で教育に携わっているのに対して、アメリカでは州ごとの自治が認められているため、教育においても各州にゆだねられ、取り決めがされています。
    2.ハワイの教育の特徴
    ハワイ州では、教育が個々の学校にゆだねられています。なので、学校ごとによって教育方針やカリキュラムが全然違います。
    ハワイ留学辞典より引用http://www.hawaiijiten.com/ryugaku/hawaii_edu/index.html
    3.義務教育
    ハワイの教育制度には初等教育(Primary Education)、中等教育(Secondary Education)、高等教育(Higher Education)の3つのカテゴリがあります。
    日本での教育制度は6・3・3制の12年間が文部科学省で定められていますが、ハワイ州では5・3・4制または6・2・4制となっています。またハワイ州令による義務教育期間は6~18歳までの12年間です。
    4.教科書
    ハワイでも義務教育の間は教科書は無償です。しかし、日本のように配付ではなくハードカバーの教科書で貸し出しです。書き込み..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。