憲法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数537
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート法学憲法外国人の人権

    代表キーワード

    法学憲法

    資料紹介

    日本国憲法の保障する基本的人権には、精神の自由・人身の自由・経済活動の自由を含む自由権、生存権や教育を受ける権利等を含む社会権、選挙権・被選挙権等を含む参政権がある。
     人権とは、そもそも人が生まれながらにしてもっている権利であるので、外国人であろうが日本人であろうが認められるべきである。
     しかし、実際には認められていない権利がある。それは、社会権の一部と参政権、入国の自由である。これらが認められていないのは、これらの権利が「日本国民」に限られたものだからである。
    まず、社会権の一部、社会保障については外国人には認めていない。これは、外国人は、自分の帰属する国で補償されるべき権利であると考えているからである。同じ社会権でも労働基本権などは外国人にも認められている。外国人だからといって賃金や労働基準について差別してはならない。
    つぎに、参政権である現在では、日本に滞在する外国人の国政への参政権は認められていない。これは、国政への参政が憲法によって日本国民に限って認められているからである。しかし、永住権を持つ外国人には、自治体規模での選挙権は認められるべきであるという声も多数上がってきており、実際に認めたという判例もある。特に在日の人々は日本との歴史上の経緯も考慮してできる限りの人権を認めるべきである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法について
    ①日本国憲法という場合の「憲法」は、どのような内容を持った憲法ですか?
    まず、日本国憲法がどのような内容を持った憲法であるかを述べたい。日本国憲法は、下記のような前提のもとに成立している。
     
    1)国の最高法規性
       前文や98条から日本国憲法は国の最高法規と定められている。したがって憲法に反する法律・条約・詔勅等は無効とされ、その最高法規性を現実に保障するために、法令の合憲、違憲を判断する違憲立法審査権が裁判所に認められている。その意味から他の法律の上に立つ法ということができる。また、確実に最高法規性を示すために法律等の制定改廃の手続きよりも憲法改正の手続きのハードルが高く定められていて、硬性憲法といわれている。
    2)人権保障を目的としている
       明治憲法の下では臣民の権利は法律の範囲内でしか保障されていなかったが、日本国憲法はむしろ、国家権力から国民の権利を守ることを目的とし、国が侵してはならない国民の基本的人権を明記している。
       日本国憲法は、こうした「基本的親権条項」の部分と、立法、司法、行政の三権の分立と地方自治という、政治のルールを定めた「統治機構」に..

    コメント2件

    bobsan25 購入
    助かりました。
    2006/08/04 23:43 (10年4ヶ月前)

    future 購入
    ありがとうございます
    2006/11/19 1:09 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。