燃料電池について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数670
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    燃料電池はクリーンで効率のよい発電システムである。燃料電池自動車は、低燃費でしかも大気汚染物質の排出がほとんどない次世代の自動車とされ大きな期待があつまっている。また、家庭用の携帯電話やパソコンの電源としても燃料電池が使われようとしている。これまで電気は都市から遠く離れた大型の発電所でつくられてきたが、燃料電池が家庭用の小型発電機や都市エネルギーセンターのエネルギー供給装置として活躍する日も近いかも知れない。しかし、燃料としての水素の作り方など、多くのハードルを越えていかなければならない。
    ●燃料電池とは?
    燃料電池は、水素と酸素の化学反応によって電気を作る発電システムである。還元剤を組み合わせて電気を得るのが電池の原理であるが、通常の電池と違って燃料電池の場合は、還元剤としての水素(燃料)と酸化剤としての酸素(空気)を外部から供給する。つまり、燃料を供給し続ける限り電気が発生することになり、発電機といえる。乾電池や蓄電池のように電気が貯蔵されているわけではないが、使用しているうちに電気を取り出せなくなることもない。これまでの電池に比べて小型で長持ちする電源といえる。
    燃料電池のアイデア自身は古い。1839年、イギリスの科学者グローブは、燃料電池により発電実験に成功した。しかし、実験室レベルから実用レベルになるまでには長い年月を要した。最初に実用化されたのは宇宙船である。1969年に人類が初めて月面に降り立ったが、このときのアポロ11号の電源は燃料電池であった。
    水の電気分解は、水に電気を通すことによって酸素と水素に分解するものである。燃料電池は水の電気分解と、あったく逆で、水素と酸素を反応させて水を作りながら電池を取り出すものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テーマ研究  燃料電池について
     燃料電池はクリーンで効率のよい発電システムである。燃料電池自動車は、低燃費でしかも大気汚染物質の排出がほとんどない次世代の自動車とされ大きな期待があつまっている。また、家庭用の携帯電話やパソコンの電源としても燃料電池が使われようとしている。これまで電気は都市から遠く離れた大型の発電所でつくられてきたが、燃料電池が家庭用の小型発電機や都市エネルギーセンターのエネルギー供給装置として活躍する日も近いかも知れない。しかし、燃料としての水素の作り方など、多くのハードルを越えていかなければならない。
    ●燃料電池とは?
    燃料電池は、水素と酸素の化学反応によって電気を作る発電システムである。還元剤を組み合わせて電気を得るのが電池の原理であるが、通常の電池と違って燃料電池の場合は、還元剤としての水素(燃料)と酸化剤としての酸素(空気)を外部から供給する。つまり、燃料を供給し続ける限り電気が発生することになり、発電機といえる。乾電池や蓄電池のように電気が貯蔵されているわけではないが、使用しているうちに電気を取り出せなくなることもない。これまでの電池に比べて小型で長持ちす..

    コメント1件

    yosirou 購入
    参考になりました
    2007/06/17 23:56 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。