マーケティング論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,288
ダウンロード数62
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    キリンビバレッジ「生茶」のマーケティングについて
     わたしは、ランチタイムには必ずお茶を飲むようにしている。また、わたしは毎日のようにコンビニエンスストアに行き、そこでよく緑茶飲料水を買う。そこで今回は、種類も多い緑茶飲料水の中から、わたしの大好きなキリンビバレッジの「生茶」にスポットを絞って考えてみようと思う。
     まず、製品政策として目に付くのが「生茶」というネーミングである。最初に聞いたときはとてもインパクトが強かった。お茶はお湯を注いでいれるものだし、「生」という言葉がどうも引っかかった。わたしのなかで、「生」という言葉はあまり印象の良いものではなかったからだ。しかし、それとは逆に薄緑のパッケージはとてもさわやかで好印象であった。
    味としては、従来の緑茶飲料とは違って、低温抽出などの製法を用いて「渋み」や「苦味」を抑えて、緑茶本来の「うまみ」をきかせたところに特徴がある。これによって普段あまり緑茶を飲まない人にも飲んでもらえるような味になった。
    (http://crm.fujitsu.com 参考)
     また、「生茶」のマーケティングにおいて力を入れたのはテレビCMによる販売促進だ。なぜなら、飲料水などの商品は、卸売業や小売店などを通して販売され、消費者へは直売しないからである。「生茶」のCMには「松嶋奈々子」と「高倉健」という大物キャストが2人も起用された。しかも、この2人は共演することはなく、別々のCMで登場した。一般的にこのような方法では費用がかさんでしまう。また、年齢も、イメージも違う2人が同じCMをすることはブランドイメージを分散させ、消費者の混乱を招く恐れがある。では、このような危険性があるにもかかわらずこのキャスティングにしたのにはいったいどのような戦略があったのだろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    マーケティング論
    キリンビバレッジ「生茶」のマーケティングについて
     わたしは、ランチタイムには必ずお茶を飲むようにしている。また、わたしは毎日のようにコンビニエンスストアに行き、そこでよく緑茶飲料水を買う。そこで今回は、種類も多い緑茶飲料水の中から、わたしの大好きなキリンビバレッジの「生茶」にスポットを絞って考えてみようと思う。
     まず、製品政策として目に付くのが「生茶」というネーミングである。最初に聞いたときはとてもインパクトが強かった。お茶はお湯を注いでいれるものだし、「生」という言葉がどうも引っかかった。わたしのなかで、「生」という言葉はあまり印象の良いものではなかったからだ。しかし、それとは逆に薄緑のパッケージはとてもさわやかで好印象であった。
    味としては、従来の緑茶飲料とは違って、低温抽出などの製法を用いて「渋み」や「苦味」を抑えて、緑茶本来の「うまみ」をきかせたところに特徴がある。これによって普段あまり緑茶を飲まない人にも飲んでもらえるような味になった。
    (http://crm.fujitsu.com 参考)
     また、「生茶」のマーケティングにおいて力を入れたのはテレビC..

    コメント3件

    kanpan 購入
    参考になりました
    2006/06/23 19:56 (10年5ヶ月前)

    yosimox 購入
    まず論旨が不明確。論理的な展開も未熟。松島奈々子と高倉健を使ったCMの説明は説得力が弱い。その上http://www.globis.co.jp/gol/news/fromgmi/0208gmi.html
    から盗用している箇所が多い。
    CRMソリューションについては完全な誤認。スポーツ支援活動と生茶のマーケティング戦略との繋がりはよくわからない。
    でも、学部レベルということではまあまあかな(盗用さえなければ)。
    Bくらいの成績。
    まずは、マーケティングのフレームワーク(理論)を通して、企業のマーケティング活動を見るようにしてみよう。そうすると、見えなかったところまで見えてくることがある。そのためには、マーケティング理論の習得が必要です。
    2007/03/08 11:47 (9年9ヶ月前)

    horikensize 購入
     
    2007/06/08 11:04 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。