精神障害者ケアマネジメント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,045
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神障害者ケアマネジメント事業は、平成15年度から本格的に導入することとなっている。公的介護保険のケアマネジメント同様、障害者一人ひとりの考え方、ニーズ、性格や本人の受けたいサービスを選択するという、利用者の主体性、自立性という自己決定が尊重される。現在分散されている精神障害者へのケアサービスが、障害者のニーズ中心に統合的に提供されるとともに、暮らしている地域に関わりなく一定水準以上のサービスが受けられることが期待できる。また、地域における社会的援助サービスが質的、量的にも著しく立ち遅れている精神障害者が、他の障害者や高齢者と同等のサービスを享受できることを目指している。利用者のニーズ中心のケアサービス提供を目指すものであり、ニーズに根ざしたケアサービスを受けることは障害者の権利であり、同時に、自らが抱えるニーズの所在を明らかにする為、ケアアセスメントを受ける権利を精神障害者は持っている。
    これまでの精神保健福祉行政は、都道府県及び保健所を中心に行われてきたが、その施策の範囲が、入院医療中心から社会復帰を促進するための福祉施策に広がるにつれて、利用者にとって身近である市町村の役割が大きくなってきている。社会復帰施設や在宅福祉サービスの利用に関する相談、助言、斡旋、調整等の業務を市町村が行うことになる。精神障害者ケアマネジメントは、地域生活を支援する援助方法であり、精神障害者社会復帰施設、精神科病院等でも実施できる他、保健所等における精神障害者の支援においても幅広く活用が望まれる。
     今まで地域における社会援助サービスが立ち遅れている精神障害者が他の障害者や高齢者と同様のサービスを受けることが出来るため、この制度の導入は望ましいと考える。利用者の実態とニーズを的確に把握することにより、より一層精神保健福祉施策の整備・推進が図られることが望まれる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神障害者ケアマネジメント事業は、平成15年度から本格的に導入することとなっている。公的介護保険のケアマネジメント同様、障害者一人ひとりの考え方、ニーズ、性格や本人の受けたいサービスを選択するという、利用者の主体性、自立性という自己決定が尊重される。現在分散されている精神障害者へのケアサービスが、障害者のニーズ中心に統合的に提供されるとともに、暮らしている地域に関わりなく一定水準以上のサービスが受けられることが期待できる。また、地域における社会的援助サービスが質的、量的にも著しく立ち遅れている精神障害者が、他の障害者や高齢者と同等のサービスを享受できることを目指している。利用者のニーズ中心のケ..

    コメント3件

    aki03284 購入
    もう少し詳しく知りたい。
    2005/10/24 18:49 (11年1ヶ月前)

    mayukopooh 購入
    もっと詳しく書かれてるといいと思う。
    2006/09/26 16:47 (10年2ヶ月前)

    megu33 購入
    もう少し詳しく書かれてあるといいと思いました。
    2006/11/26 16:03 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。