障害者福祉の理念

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数9,956
ダウンロード数40
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    障害者福祉の理念は、人権の尊重の視点に立って、それが確実にとらえられ理解されている事が大切である。障害者に関する人権尊重は、権利宣言において格調高く捉えられている。日本の法律においても、それは明確に示されている。そして、障害者福祉の基本理念は、4つの理念に支えられている。
     第一は、「人権尊重」の理念である。これは、国連の各種宣言、日本国憲法などに明らかにされているように、障害者が一人の人間としての尊厳を重視され、同世代の人々と同等の基本的権利が実現できるようにすべきであるという考え方である。
     第二は、「リハビリテーション」の理念である。リハビリテーションは、障害のもつ人々の可能性に注目し、人間らしい人格と生活を可能にする、「全人間的復権」の専門的活動である。その活動分野には「医学的」「教育的」「心理的」「社会的」「職業的」という5分野がある。また、リハビリテーションは、それぞれ専門的な理論、技術をもって、個人を対象とし、その「自立生活力」及び、「社会生活力」を回復、付与しようとする活動であり、専門機関及びスタッフのチームワークと、その主人公である障害者との良きパートナーシップが重視されているのである。
     第三は、「機会の均等化」の理念である。この社会は、今なお、健常者のみの要求を満たすようにつくられていると言われている。「機会均等化」とは社会の一般的な仕組み、例えば物理的、制度的、文化的、社会的なシステムを、障害者を含む全ての人々に利用が可能にすることである。そして、この理念の実現の為には、社会が全ての市民に参加を可能とする状況となり、障害者自身が、生活について他の市民と同様に、選択、決定できる事が保障される事が必要である。また、リハビリテーションによって、「自立生活力」「社会生活力」を身につけた障害者が、人間らしく生活できる社会をつくろうという考え方である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害者福祉の理念は、人権の尊重の視点に立って、それが確実にとらえられ理解されている事が大切である。障害者に関する人権尊重は、権利宣言において格調高く捉えられている。日本の法律においても、それは明確に示されている。そして、障害者福祉の基本理念は、4つの理念に支えられている。
     第一は、「人権尊重」の理念である。これは、国連の各種宣言、日本国憲法などに明らかにされているように、障害者が一人の人間としての尊厳を重視され、同世代の人々と同等の基本的権利が実現できるようにすべきであるという考え方である。
     第二は、「リハビリテーション」の理念である。リハビリテーションは、障害のもつ人々の可能性に注目し、..

    コメント2件

    yoshinori 購入
    good
    2006/11/26 0:24 (10年前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/12/27 4:41 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。