キャノンのコーポレートガバナンス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数950
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1はじめに
     私がこの企業を選んだ理由は、日本を代表する企業であるので海外の投資家もこの企業に投資しているわけであり。投資基準としてコーポレートガバナンスを検討していると思うので選びました。キャノンはコーポレートガバナンスを尊重し、ステークホルダーを守ることを前提とした経営をしている。工場の日本国内回帰やセル生産方式による工場従業員を単なるライン生産の工員ではなく、技術者として育てる企業風土などに感銘を受けており、また、環境保全にちからを入れており、キャノン環境憲章に環境保全への取り組みをまとめている。ISO14001認証の取得にも積極的である。このように投資家に対してまた企業市民として、日本企業のパイオニアとして活動しているキャノンについて活動とそこから見られる狙いについてまとめてみる。
    2キャノンのコーポレートガバナンスの取り組み。
     キャノンは創業以来、真のグローバル企業を目指している。キャノンのコーポレートガバナンスの取り組みは、企業取り組みの成果を記載したマニュアルに見て取れます。このまとめられたマニュアルを見ることによりいままで見ることが難しかった、世界の各地域での企業活動がわかります。キャノンの売り上げ比率の4分の3は海外での売り上げであるため、キャノンに投資する際は海外の企業活動を無視することができません。
     キャノンでは2004年1月に企業倫理委員会と内部統制委員会を設置し、2005年4月には開示情報委員会を経営会議直轄の定住組織として設置した。不祥事が起こらない企業風土を構築するために取り組んでいるのである。たとえば、経営テーマごとに設置される各種経営管理委員会、経営監理室の独自の内部監査体制と、情報開示体制を設置しているのである。(図1参照)
     米国での巨額粉飾決済事件以来、監査役との癒着をしないようにするために、キャノンでは監査役4名のうち資本的関係や取引関係その他の利害関係のない社外監査役を2名採用している。つまり経営の透明性を維持すること、監査契約の内容やその金額について監査役会の事前承認制度を導入しているのであるから、不正会計を防止すること、経営の健全性を高めることができるのである。
    3キャノンのコンプライアンス。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「キャノンのコーポレートガバナンス」
    1はじめに
     私がこの企業を選んだ理由は、日本を代表する企業であるので海外の投資家もこの企業に投資しているわけであり。投資基準としてコーポレートガバナンスを検討していると思うので選びました。キャノンはコーポレートガバナンスを尊重し、ステークホルダーを守ることを前提とした経営をしている。工場の日本国内回帰やセル生産方式による工場従業員を単なるライン生産の工員ではなく、技術者として育てる企業風土などに感銘を受けており、また、環境保全にちからを入れており、キャノン環境憲章に環境保全への取り組みをまとめている。ISO14001認証の取得にも積極的である。このように投資家に対してまた企業市民として、日本企業のパイオニアとして活動しているキャノンについて活動とそこから見られる狙いについてまとめてみる。
    2キャノンのコーポレートガバナンスの取り組み。
     キャノンは創業以来、真のグローバル企業を目指している。キャノンのコーポレートガバナンスの取り組みは、企業取り組みの成果を記載したマニュアルに見て取れます。このまとめられたマニュアルを見ることによりいままで見ること..

    コメント2件

    bcf0117 購入
    助かりました。
    2006/07/01 14:26 (10年5ヶ月前)

    mayumi45 非購入
    『キャノン』ではなくて『キヤノン』です。
    企業名の間違えは致命的なミスだと思います。
    2010/11/22 11:51 (6年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。