ドメスティックバイオレンス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数579
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人類がこの地球上に誕生してから今日まで、暴力や虐待がない時代があったでしょうか。何かにつけ私たち人間は、身分・人種・性別などで、不平等な社会を作り上げてきました。それが、問題視されるようになってくるのは、近代的な人権思想が誕生する18世紀頃からのことに過ぎないといってもよいでしょう。そのため、今日では、世界ですべての人々の個人の尊重が叫ばれてきています。
    1970年代に入って以後、家族における家族における暴力・虐待、「女・子ども」に対する暴力・虐待は、欧米において急激に社会問題になってきました。女性に対する暴力は、1990年代に入ると国際的に女性の人権問題の焦点として、浮上し、国連では1993年12月に「女性への暴力の撤廃に関する宣言」が採択され、1995年に北京で開催された第4回世界女性会議でも、女性への暴力は大きなテーマの一つになりました。現在、「女性への暴力・虐待」として、具体的にはセクシュアル・ハラスメント、レイプ、ドメスティック・バイオレンス、女性性器切除(FGM)などの有害な文化的な因習、性の商品化(ポルノグラフィー・人身売買など)などが、国際的に問題視されています。
    その中でも、今回はドメスティックバイオレンスを取り上げることにしました。
    ドメスティックバイオレンスとは、親密な男女関係において、夫・恋人などの男性から女性に向けられる暴力を問題とします。ここにある「暴力」という言葉を辞書で調べてみたところ、「乱暴な力・行為。不当に使う腕力。「―を振るう」と書いてありました。しかし、ドメスティックバイオレンスについては、身体的暴力のほか、性的暴力、心理的な暴力、ストーキング、ペットを殺されるとか子どもや持ち物を傷つけられるなども暴力であるとみなされています。また、経済的な搾取、すなわち、家計のすべてのお金をコントロールし、お金を持たせないようにするなども暴力の一種と考えられています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人類がこの地球上に誕生してから今日まで、暴力や虐待がない時代があったでしょうか。何かにつけ私たち人間は、身分・人種・性別などで、不平等な社会を作り上げてきました。それが、問題視されるようになってくるのは、近代的な人権思想が誕生する18世紀頃からのことに過ぎないといってもよいでしょう。そのため、今日では、世界ですべての人々の個人の尊重が叫ばれてきています。
    1970年代に入って以後、家族における家族における暴力・虐待、「女・子ども」に対する暴力・虐待は、欧米において急激に社会問題になってきました。女性に対する暴力は、1990年代に入ると国際的に女性の人権問題の焦点として、浮上し、国連では1993年12月に「女性への暴力の撤廃に関する宣言」が採択され、1995年に北京で開催された第4回世界女性会議でも、女性への暴力は大きなテーマの一つになりました。現在、「女性への暴力・虐待」として、具体的にはセクシュアル・ハラスメント、レイプ、ドメスティック・バイオレンス、女性性器切除(FGM)などの有害な文化的な因習、性の商品化(ポルノグラフィー・人身売買など)などが、国際的に問題視されています。
    その..

    コメント3件

    78285happy 購入
    役に立ちました。
    2006/07/15 22:11 (10年5ヶ月前)

    totokun 購入
    参考になりました。
    2007/01/09 22:53 (9年11ヶ月前)

    hideaki6296 購入
    とても参考になりました。
    2007/01/14 16:11 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。