精神分析の意義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,099
ダウンロード数71
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    今日の精神分析批評はフロイトの学説を基に誕生した。フロイトは、神経症患者は無意識に抑圧された本能的欲求に苦しみ、その捌け口として、精神異常に至るとした。
    ここで「無意識」という用語を使ったが、この用語には説明が必要である。「無意識」とはひとつの心的な質である。無意識は意識されていないのだから、直接的にそれを知ることは無理である。ではどうしたらいいのか。ここで、推測して立証するという方法がとられるわけである。つまり材料を集めることによって無意識の心的過程や諸内容を理解するということだ。それではいい材料としてどのようなものがあるかであるが、フロイトはまず錯誤行為をあげた。
    錯誤行為とは、簡単に言えば、いい間違いや書き間違い、物忘れ、紛失など、うっかりミスのようなものである。フロイトはまず錯誤行為をした人に何故そのようなことをしたのか聞いてみること、そしてその人の最初に心に浮かんだ思い付きがとても重要である。と述べている。彼は、人間は心の自由という信仰を持っており、それを手放したくないのだと言っている。つまり最初の思い付き自体はランダムに浮かんでくるのではなく、実は何かに制約されているのだという意味だ。錯誤行為が起きる時、それを引き起こすものやそれ自身に何かメカニズムのようなものがあるのであろうか。錯誤行為が引き起こされる要因として、本来の意図とは反対の意図、本来の意図を妨害しようとする意図の存在が不可欠だ。我々の心の中には自分の意志に反する意向がしばしば存在するが、それを「知っているということを知らない」のである。だから精神分析ではそれを直接本人に聞いてみる。患者は、すぐに答える場合もあり、時間を存分にかけて答える場合もあるが、また、他の患者は、拒否したり怒ったりする場合もあるであろう。その人がその反対の意向を承認する場合はいいが、否認した場合はどうしたらいいのか。その場合は間接材料やその錯誤行為の後に起きてくる事件などを手がかりにそのような意向を推測して立証していくしかない。錯誤行為をした人の否定を容認してしまうと、その心的行為の内容が分からずじまいになってしまうのである。フロイトは錯誤行為をした人が解釈にたいして激しく否定した場合、その激しくというところがその人の心の中に反対の意向があることを証明している。とも述べている。疾しい心あるゆえに激しく否定するのだ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    今日の精神分析批評はフロイトの学説を基に誕生した。フロイトは、神経症患者は無意識に抑圧された本能的欲求に苦しみ、その捌け口として、精神異常に至るとした。
    ここで「無意識」という用語を使ったが、この用語には説明が必要である。「無意識」とはひとつの心的な質である。無意識は意識されていないのだから、直接的にそれを知ることは無理である。ではどうしたらいいのか。ここで、推測して立証するという方法がとられるわけである。つまり材料を集めることによって無意識の心的過程や諸内容を理解するということだ。それではいい材料としてどのようなものがあるかであるが、フロイトはまず錯誤行為をあげた。
    錯誤行為とは、簡単に言えば、いい間違いや書き間違い、物忘れ、紛失など、うっかりミスのようなものである。フロイトはまず錯誤行為をした人に何故そのようなことをしたのか聞いてみること、そしてその人の最初に心に浮かんだ思い付きがとても重要である。と述べている。彼は、人間は心の自由という信仰を持っており、それを手放したくないのだと言っている。つまり最初の思い付き自体はランダムに浮かんでくるのではなく、実は何かに制約されているのだと..

    コメント5件

    Chesirecat 購入
    難しい内容ですがうまくまとめられていたと感じました。
    しかし最後の方で最近の犯罪のことに関して書かれており、精神分析と犯罪の関連性についてはわかるのですが、その話の展開が急すぎるのではないかと感じました。
    2006/01/31 17:06 (10年10ヶ月前)

    sukima10 購入
    フロイトの精神分析について広い範囲を簡潔にまとめていてよかったと思います。途中に犯罪についての関係も指摘してあり参考になりました。
    2006/07/31 19:25 (10年4ヶ月前)

    genuine1128 購入
    参考になりました。
    2006/10/09 23:56 (10年2ヶ月前)

    herohero 購入
    参考になりました。
    2006/12/06 22:15 (10年前)

    jo_dam 購入
    精神分析学の社会的有用性が、今後個人の治療とはまた違う方面に開かれていく可能性が示唆されており良いと思いました。
    2007/02/01 5:31 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。