マスコミにおける脱感作理論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数650
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    脱感作理論というマスコミに関する理論に再び注目することにした。この理論に関して、最近関心をもつ世の中の出来事として、まずあげられるのが、少年犯罪の激増である。TVニュースをみてわかるように、最近の殺人事件で最も世の中を震撼させているものの一つとして、未成年の殺人、もしくは大量殺人がみてとれるだろう。脱感作理論自体、これらの騒動のなかで浮き彫りになってきた理論の一つではあると思うが、まさにその通りであるのではないだろうか。
    犯罪を犯す彼らの年齢は、私自身ともかなり近い年齢にあるため、その検証は、私の実体験に基づいて、ある程度まで可能であると思う。成人、つまり20歳になるまで、私たちはいったい何に影響をうけるというのだろうか。という点に焦点をあててみたい。もちろん授業や、今までにも話題になっていることでいえば、テレビや、テレビゲームにグロテスクな表現や映像が含まれてる、という点が一つあげることができる。もちろんこれらは、脱感作理論に最も強くかかわる犯罪増加要因の一つであろう。が、しかし、これらは、例えば映画やゲームのR18、R20規制などによって、ある程度は規制がかけられているものが多い。また、両親や、教育者にとっても、これらの要素は懸念材料であり、意識的に外部からのストップがかかっているように思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私は授業でふれてきた理論の中で、中間レポートでも取り扱った、脱感作理論というマスコミに関する理論に再び注目することにした。この理論に関して、最近関心をもつ世の中の出来事として、まずあげられるのが、少年犯罪の激増である。TVニュースをみてわかるように、最近の殺人事件で最も世の中を震撼させているものの一つとして、未成年の殺人、もしくは大量殺人がみてとれるだろう。脱感作理論自体、これらの騒動のなかで浮き彫りになってきた理論の一つではあると思うが、まさにその通りであるのではないだろうか。
    犯罪を犯す彼らの年齢は、私自身ともかなり近い年齢にあるため、その検証は、私の実体験に基づいて、ある程度まで可能であると思う。成人、つまり20歳になるまで、私たちはいったい何に影響をうけるというのだろうか。という点に焦点をあててみたい。もちろん授業や、今までにも話題になっていることでいえば、テレビや、テレビゲームにグロテスクな表現や映像が含まれてる、という点が一つあげることができる。もちろんこれらは、脱感作理論に最も強くかかわる犯罪増加要因の一つであろう。が、しかし、これらは、例えば映画やゲームのR18、R20..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。