地下空間利用案

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数540
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地下空間の利用というものは、私たちの生活が、これから複雑化する一方で、必ずしも必要となってくるものであろう。今回、この授業を聞くまでは、私にとって地下空間利用とは、ここまで現実的に始動しているものだとは知らなかった。だが、確かに、地下鉄、海中トンネルなどを中心に交通機関に関して地下に発達している。
     私が、考える地下空間利用は住居の建設である。もちろん現在でも地下がある、ビルや、駅などの建物はたくさん目にするが、一般住居として地下に存在するに家などはあまり聞いたことがない。単純に、地下に、たくさんの住居を建設し、たくさんの人が住んだとしたら、確かに活発的である。地上の有効利用ができることも、もちろんであるし、更なる土地の増加はその地域の生産量を上げ、効率性があがるだろう。では、地下に次々と建設していけばいいのでは、という話だが、そう簡単にもいかない。現在でさえ、地下の土地利用に対する公害は後をたたない。最近の地下空間利用は、地下鉄道や道路、上・下水道、電気・ガス・通信、地下街、地下駐車場をはじめ、地下変電所、工場などの生産施設、食料品の貯蔵施設、地下室など様々な方面に広がっている。そのような多岐にわたる利用をすれば、そこからまた何かの問題がうまれてくるのも当たり前だろう。だが、従来、暗く、汚いイメージのあった地下道や地下街も、最近はかなり良くなってきている。さらに、地上にある必要性の小さな施設を地下に移設すれば、地上空間には余裕が生まれ、公園や緑をもっと整備することもできる。 地下空間は、このように、地上で生活している われわれの生活環境を良好にするための貴重な空間資源であろう。
     このように、一般的には、地下空間には必要性が小さいものを移動させるもの、という認識が強い気がするが、私はあえてそこで、住居の建設というものを提唱したいのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地下空間利用案
     地下空間の利用というものは、私たちの生活が、これから複雑化する一方で、必ずしも必要となってくるものであろう。今回、この授業を聞くまでは、私にとって地下空間利用とは、ここまで現実的に始動しているものだとは知らなかった。だが、確かに、地下鉄、海中トンネルなどを中心に交通機関に関して地下に発達している。
     私が、考える地下空間利用は住居の建設である。もちろん現在でも地下がある、ビルや、駅などの建物はたくさん目にするが、一般住居として地下に存在するに家などはあまり聞いたことがない。単純に、地下に、たくさんの住居を建設し、たくさんの人が住んだとしたら、確かに活発的である。地上の有効利用ができることも、もちろんであるし、更なる土地の増加はその地域の生産量を上げ、効率性があがるだろう。では、地下に次々と建設していけばいいのでは、という話だが、そう簡単にもいかない。現在でさえ、地下の土地利用に対する公害は後をたたない。最近の地下空間利用は、地下鉄道や道路、上・下水道、電気・ガス・通信、地下街、地下駐車場をはじめ、地下変電所、工場などの生産施設、食料品の貯蔵施設、地下室など様々な方面に..

    コメント1件

    qwe0612 購入
    実現は困難だが良い案だと思う
    2006/04/24 20:18 (10年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。