都市交通

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数601
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    〈教材観〉
     自動車は高速道路網の整備や情報・通信の発達に伴って、年々輸送機関としての重要性を増してきた。モータリゼーションの進展により、人々の行動範囲も広がっている。自動車は我々に便利で快適なくらしをもたらしている。しかし一方で、交通事故や公害などの影響は重大であり、排気ガスは地球温暖化の要因になっている。さらに過度の自動車依存社会によって、都市交通は完全に麻痺している。都市交通の問題は交通渋滞だけに留まらず、環境への影響や福祉サービスの立ち遅れをも引き起こしている。
    こうした現状に対して、都市部における複合政策として近年導入が検討されている交通手段として、LRT(ライト・レール・トランジット)が挙げられる。LRTの導入に関しては、「環境都市」と呼ばれて名高いドイツ・フライブルグ市における成功例が有名である。そこでは、市内中心部への自動車の乗り入れを禁じ、LRTの利用を徹底させている。しかし、LRTの導入が進められている背景にあるのは、単に交通渋滞の緩和に有効であるからだけではない。低床式路面電車の導入により、乗降時間の短縮につながるだけではなく、高齢者や障がいのある人々にも利用しやすい交通手段となった。輸送量も自家用車よりはるかに高く、エネルギー消費量も大幅に低減できる。利用者の負担に関しても、「地域環境定期券」の導入により、格安かつ便利な料金体系を維持している。我が国でも路面電車の復興と合わせて、こうしたLRTの利便性を都市交通問題解決の起爆剤にしようと、導入済みないし導入を進めている自治体がいくつもある。私たちのまち京都でもこの動きは当然あるが、導入に伴う弊害も同様に存在し、計画段階で止まっているのが現状である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本時の学習指導計画
    (1)本時の主題「自動車社会とこれからの都市交通」
    (2)本時の教材観・生徒観・指導観
    〈教材観〉
     自動車は高速道路網の整備や情報・通信の発達に伴って、年々輸送機関としての重要性を増してきた。モータリゼーションの進展により、人々の行動範囲も広がっている。自動車は我々に便利で快適なくらしをもたらしている。しかし一方で、交通事故や公害などの影響は重大であり、排気ガスは地球温暖化の要因になっている。さらに過度の自動車依存社会によって、都市交通は完全に麻痺している。都市交通の問題は交通渋滞だけに留まらず、環境への影響や福祉サービスの立ち遅れをも引き起こしている。
    こうした現状に対して、都市部における複合政策として近年導入が検討されている交通手段として、LRT(ライト・レール・トランジット)が挙げられる。LRTの導入に関しては、「環境都市」と呼ばれて名高いドイツ・フライブルグ市における成功例が有名である。そこでは、市内中心部への自動車の乗り入れを禁じ、LRTの利用を徹底させている。しかし、LRTの導入が進められている背景にあるのは、単に交通渋滞の緩和に有効であるからだけでは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。