コンティンジェンシー理論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,802
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    状況特性と組織特性
    コンティンジェンシー理論には状況特性と組織的特性という二つの特性が存在する。状況特性とは環境などにより、組織の形態や成果が変化するということである。また環境、技術、規模などは組織を取り巻く状況の特性を示す変数であり、この変数が状況特性を構成する要素である。これらの環境、技術、規模、などの変数に大きな影響を与えたのはBurns-Stalker、Woodward、の3人の研究である。
    Burns-Stalkerは英国の20の事業組織についての詳細な参加観察や面接調査をもとに組織構造の変動過程を分析したもである。主たる調査対象となったのは市場構造の変化に対応して、エレクトロニクス産業への参入を試みた事業所である。これらの事業所についての調査から、市場環境や技術環境の変化率などにより、組織は変化し、影響されているという結論を導き出した。
    次にWoodwardを中心とするサウスイーストエセックス工科大学の調査班による組織調査をあげることができる(サウスエセックス研究)。サウスエセックス研究ではサウスエセックス地域の製造企業100社についての体系的なサーベイ調査、そのうち23社についてのより詳細なケース分析、小数のサンプルについてのさらに詳細な追跡調査が行われている。この調査から技術が組織を規定するなどの結論を導き出した。
    次にPUGYを中心とするアストングループの研究をあげることができる。アストングループは組織構造、コンテクスト、について、様々な要素をあげて調査をした。調査対象は英国バーミンガム地区の52の職場組織を対象に分析を行っている。組織の範囲は背増企業の組織だけでなく、流通業、公共企業なども含んでいる。組織構造とコンテクストの関係の分析には、そのうちバーミンガム地区全職場組織のなかから層別抽出された46社のデータが用いられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                      経営学総論レポート
                      
    (A)
    ●状況特性と組織特性
    コンティンジェンシー理論には状況特性と組織的特性という二つの特性が存在する。状況特性とは環境などにより、組織の形態や成果が変化するということである。また環境、技術、規模などは組織を取り巻く状況の特性を示す変数であり、この変数が状況特性を構成する要素である。これらの環境、技術、規模、などの変数に大きな影響を与えたのはBurns-Stalker、Woodward、の3人の研究である。
    Burns-Stalkerは英国の20の事業組織についての詳細な参加観察や面接調査をもとに組織構造の変動過程を分析したもである。主たる調査対象となったのは市場構造の変化に対応して、エレクトロニクス産業への参入を試みた事業所である。これらの事業所についての調査から、市場環境や技術環境の変化率などにより、組織は変化し、影響されているという結論を導き出した。
    次にWoodwardを中心とするサウスイーストエセックス工科大学の調査班による組織調査をあげることができる(サウスエセックス研究)。サウ..

    コメント1件

    arietta 購入
    誤字脱字はともかく、内容の抜け(文章の一部が欠落している?)があるため内容がつかめない。
    2006/11/11 23:44 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。