赤と黒を読んで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数505
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「赤と黒」を読んで
    「ふと玄関の戸口のそばに若い百姓が立っているのに気づいた。まだ子供っぽいうえに、ひどく青白く、泣きやんだばかりといった顔である。まっ白なワイシャツを着て、粗い紫のラシャの、小ざっぱりした上着をかかえている。この百姓の子供があまり色白で、かわいい目をしているので、多少ロマネスクなレーナル夫人は、はじめ、若い娘が男のなりをして、町長さんになにかお願いに来たのかもしれないと思った。玄関のところで立ちどまったまま、思いきって呼び鈴に手を伸ばすこともできないでいるらしい。いかにもあわれな姿でいじらしくなった。レーナル夫人は、家庭教師が来るというので気がめいっていたこともちょっと忘れて、近寄っていった。ジュリヤンは玄関の方を向いていたから、夫人の近づく姿には気がつかなかった。すぐ耳もとでやさしい声がしたので、びくっとした。『なにかご用、坊ちゃん?』(中略)『家庭教師として参りました、奥さま』ジュリヤンはやっとそう答えたが、涙を流したのが照れくさくて、しきりに目をこすっていた。レーナル夫人はびっくりしてしまった。くっつきすぎるほどの距離だったので、二人はお互いに見つめ合うことにな..

    コメント1件

    まりごん 非購入
    質問失礼します。
    こちらのレポートは何文字程度のレポートでしょうか?
    2012/01/15 16:55 (4年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。