独占禁止法改正とカルテル・入札談合について

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,159
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本レポートでは、平成17年4月20日、「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(独占禁止法)の一部を改正する法律」によって成立した独占禁止法改正をもとに、わが国からカルテル・入札談合がなくなるか否かについて自論を述べたものである。

    平成17年4月20日、「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(独占禁止法)の一部を改正する法律」では、課徴金算定率の見直し、課徴金減免制度の導入、犯則調査権限の導入、審判手続き等の見直し―の4点について改正が伴われた。
    その背景としては、国際カルテルが多発するなど、近年、違反行為が複雑、巧妙化しているなかで、独禁法による抑止効果を高めるとともに、柔軟で機動的な制度にすることが改正の狙いとされており、公正取引委員会は、来年1月1日の施行を目指している。なお、関連資料として、以下を付則している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■独占禁止法改正とわが国からカルテル・入札談合がなくなるか否かについて自論を述べ
    よ。
    本レポートでは、平成17年4月20日、「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する
    法律(独占禁止法)の一部を改正する法律」によって成立した独占禁止法改正をもとに、
    わが国からカルテル・入札談合がなくなるか否かについて自論を述べたものである。
    平成17年4月20日、「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(独占禁止法)
    の一部を改正する法律」では、課徴金算定率の見直し、課徴金減免制度の導入、犯則調査
    権限の導入、審判手続き等の見直し―の4点について改正が伴われた。
    その背景としては、国際カルテルが多発するなど、近年、違反行為が複雑、巧妙化して
    いるなかで、独禁法による抑止効果を高めるとともに、柔軟で機動的な制度にすることが
    改正の狙いとされており、公正取引委員会は、来年1月1日の施行を目指している。なお、
    関連資料として、以下を付則している。
    ・独占禁止法改正法の主要なポイント
    ・独占禁止法改正法の内容
    わが国からカルテル・入札談合がなくなるか否か
    昨年10月、鋼鉄製橋梁(きょうり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。