古代ローマ共和制末期の政治システムの変化について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数919
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    A.古代ローマ共和制末期、内乱の一世紀の政治システムの変化を論じなさい。その際、必ず「パンとサーカス」という言葉を説明すること。
    「パンとサーカス」とは、政府から無償で与えられる食料すなわちパンと、見世物すなわちサーカス(剣闘士競技が中心であった)によって、ローマ市民が政治的盲目に置かれていることを指摘したユヴェナリエスの言葉である。
    古代ローマの発展は、重装歩兵として働いた農民による海外征服によってもたらされた。海外征服は、属州の統治にあたった元老議員や徴税を請け負った騎士の富を増大させる一方で、長期間従軍した農民が農地を荒廃させて没落する結果を招いた。農地を失った農民はローマなどの大都市に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。